広告マーケティングの専門メディア

フランス消費トレンド

ナイジェリア発『不快』な広告「クリエイティブ」に課された役割

山本真郷、渡辺寧​

ファッションを中心とした新しいライフスタイルの発信源である、フランス・パリ。パリに駐在する日本人マーケターが街中で見つけた、新しいトレンドを紹介。トレンドをマーケティングと異文化理解の2つのフレームから読み解きます。

アフリカ最大級の経済規模 ナイジェリアの商都ラゴス

最後の成長市場「アフリカ」。富士フイルムではアフリカ大半地域の事業展開(写真事業)をフランス経由で取り組んでおり、今回は直近で出張した「ナイジェリア」からレポートをしたいと思います。

ナイジェリアは西アフリカに位置し、大陸最大の人口(1.9億人)と経済規模を誇る大国です。急速な人口増加も見込まれ、市場として有望視されてはいますが、汚職や治安の問題があり、ビジネスを進めるのは決して容易ではありません。

今回訪問した同国最大の商都ラゴスは、かつて「アフリカ三大凶悪都市」のひとつと言われ、英誌「エコノミスト」による「最も住みにくい都市」調査(2017)で世界140カ国中2位という前情報もあり、現地ではドライバー兼護衛と慎重に行動しました。

街中は車と人でごった返し、新興国特有の熱気で溢れていましたが、建物の多くは有刺鉄線付きの高い塀や鉄格子で保護され、軽い気持ちで行動できる雰囲気ではありませんでした。

今回の出張目的は、アフリカでも力を入れ始めたインスタントカメラの販売梃入れです。販売代理店とPR戦略を練る中で、現地で最近、話題になったという広告を目にしました。その広告のコピーは「THIS IS A DISGUSTING AD.」(これは不快な広告です)。

一見「不快」な広告 現地インサイトが共感を呼ぶ

同広告は無名のクリエイター4名によって昨年設立されたばかりのクリエイティブ・エージェンシーThe Hook Creative Agency Lagos Nigeriaが「母の日」に合わせて展開したもの。描写されているのは「女性の手」と「粘液」。その下には「この広告を見て不快になった人もいるでしょう。あなたの鼻水を口で吸ってくれた人を思い浮かべてください。あなたの小さな鼻を痛めないように、口で沢山吸ってくれた彼女を。今日、母の日を祝いましょう」とあります。

クリエイティブディレクターのトヒーブ・バログン氏は「母の日のギフト広告でモノが売れても、社会は良くならない」と言います …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

フランス消費トレンドの記事一覧

フランス消費トレンドの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する