広告マーケティングの専門メディア

クリエイティブとテクノロジーの交差点

ビジネスの新たな守護神、「CXO」のお仕事

富永勇亮氏(dot by dot inc.)

広告・コミュニケーションの手法や表現の可能性を大きく広げてくれる、最新テクノロジーの数々。「CES」や「SXSW」といったイベントに熱い視線が注がれているのも、そんなテクノロジーへの期待の高まりの証左と言えます。しかし、そんな時代だからこそ、「テクノロジーありき」で発想してしまうことの危険性を、インターネット育ちのプロデューサー・富永勇亮氏は指摘します。

本連載では、広告・コミュニケーションのあり方を変えるような先進テクノロジーや、その活用事例を紹介しながらも、テクノロジーに踊らされることがないよう、マーケターやアドパーソンが押さえておくべき視点や考え方を提示します。

私たちが何かを消費する時、そこでは何が起きているのだろうか?

例えば今、この記事を見ているあなたは、書店で立ち読みしているかもしれない。その場合はすみやかにお会計して、自宅でリラックスしながら、続きを読んでほしい。

雑誌の場合、その消費のあり方は、以下のようになる。

(1)書店にふらっと行く→(2)見出しに興味→(3)手に取る→(4)パラパラとめくる→(5)レジで会計→(6)自宅でリラックスして読む

純粋に消費と考えた場合、消費しているのは(5)と(6)の部分だけだ。だが、この消費に伴う「宣伝会議という雑誌との接触」という意味では、(1)〜(6)までの全ての流れが「宣伝会議体験」と言える。これがユーザーエクスペリエンス(以下UX)である …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

クリエイティブとテクノロジーの交差点 の記事一覧

ビジネスの新たな守護神、「CXO」のお仕事(この記事です)
仮想世界のラストピース!? ハプティクス
テックトレンドの発信地、オースティンから感じた地元愛
平昌の空に刻まれたワールドレコードからの学び
dot by dot inc. 富永勇亮氏による新連載がスタート!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する