広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

世界初、ロボットのユニフォームを開発 未来社会をデザインする

泉 幸典氏(Rocket Road)

ロボットに服を着せるという独自の発想と、日本の縫製技術とハイテクを融合し、ロボット業界に新風を巻き起こす男がいる。彼が目指すのは人間とロボットが共存する社会だ。

ロボットと人間が共存する未来社会に、ロボットのユニフォームは欠かせない。

様々なプレイヤーがAI・ロボットと共存する未来を模索し、新事業を展開する中で、世界初のロボット専用アパレルブランドとして注目されるのが「ROBOUNI(ロボユニ)」だ。開発者は、ホテルやレストランを対象としたユニフォームメーカーの執行役員を経て起業した、Rocket Road代表取締役の泉 幸典氏。

「AIやロボットなどのテクノロジーが台頭する今、AIやロボットより"差別化できる"人間は評価されるが、そうでないと仕事を奪われる。そういう意味でテクノロジーは脅威だと、私は以前、決めつけていました。しかし、AIやロボティクスに関わる調査をし、私の見解は180度変わりました。彼らは人間の能力がいかに優れているかを明らかにし、人間の役に立ち、人間と共存する未来社会をつくることがAIやロボットの使命だと教えてくれたのです」。

泉氏は、すでに量産化されている一部のヒト型ロボットを既成概念にとらわれない目で捉えてみた。すると、どのロボットも見かけは同じで、無機質な表情に見えたという …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

世界初、ロボットのユニフォームを開発 未来社会をデザインする(この記事です)
ブランディングで過疎化と戦う ヴィンテージ日本酒「夢雀」の挑戦
「忙しい人に栄養のある食事を」フードテック企業発・健康になるパスタ
IoTで医療と家庭をつなげる 歯磨きをゲーム感覚で「楽しく」
中国マーケット、動画メディアの可能性 「育児動画」で巨大市場を狙う

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する