広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

「デジタルサイネージアワード2018」 グランプリは「YOYOGI CANDLE 2020」に決定

時間と場所によって表示が変わるダイナミックDOOHが入賞

6月13日、「デジタルサイネージアワード2018」の受賞作品の発表が行われた。デジタルサイネージコンソーシアムが、デジタルサイネージを使った表現の中から、優秀作品を選出し表彰することで、サイネージ市場のさらなる活性化を目指しているものだ。今年で記念すべき10回目を迎えた、同アワードの中から広告表現の参考になるものをピックアップしてみたい。

ロケーション部門賞を獲得したのはサントリーの「金麦花見サイネージ」。東京メトロの13駅252面のサイネージを使い、周辺の花見スポットの開花状況を放映したものだ(写真1)。つぼみ、五分咲き、満開など刻々と変わる花見情報が毎日30分ごとに更新され、しかも駅ごとに表現を出し分けて放映する、いわゆる「ダイナミックDOOH(デジタル・アウト・オブ・ホーム)」と言われる手法が用いられている。

写真1 13駅のサイネージに、それぞれ周辺の花見スポットの開花状況を放映。

この施策のために駅ごとに違うクリエイティブを自動で生成、配信するシステムを開発したという。調査によると本施策は、同程度規模の過去施策に比べて約2~3倍高い認知率を獲得。テレビなどにも次世代DOOHとして取り上げられた。

サントリーは、筆者が昨年10月号に取り上げた東京メトロとBOSSのコラボ企画「THE LAST TRAIN」でも、広告部門を受賞。「働く人々に寄り添う」「働く人の相棒」という共通点から生まれた感動的なサプライズ動画広告だ。これは、JAAの消費者が選んだ広告コンクールのデジタル部門のグランプリも獲得している …

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

中国の動画アプリが世界を席巻 アジアの動画配信市場
「デジタルサイネージアワード2018」 グランプリは「YOYOGI CANDLE 2020」に決定(この記事です)
新聞と教育に連携の動き 生徒の「主体的・対話的で深い学び」に貢献する
規制改革推進会議が第3次答申を提出 放送基盤強化に提言
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(2)
5月の注目ニュースは? 広告界ニュースダイジェスト(1)
吉本興業、国産コンテンツを海外に発信するプラットフォームを構想
イベントのプロ人材「イベント業務管理士」がますます頼られる時代に
プロモーション業界に必要なソフト業務としての「働き方改革」
人気テレビCMの世界観をOOHに生かす キャラクターを活用した体験型広告
新聞社、営業力強化を目指す再編相次ぐ グループの人材総動員
NHKと民放連、2018 FIFAワールドカップの放送計画を発表
放送と通信の融合 規制改革会議の議論から
「生涯スポーツ」トライアスロンがもたらすものと、パラスポーツとの連携

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する