広告マーケティングの専門メディア

クリエイティブの「種」、のようなもの

AI✕クリエイティブ、必要なのはテクノロジーと人を結びつけるシナリオライティング​

小助川雅人氏(資生堂)

人々の心を揺さぶり、行動を喚起することを目的とする「広告」。まだ誰も見たことがない新しい表現を通じて、自社ブランドの魅力を強烈に訴求することを求められるインハウスクリエイターは、日々、どのような物事からインスピレーションを得ているのでしょうか。資生堂 クリエイティブ本部の小助川雅人氏が、「広告」の枠組みにとらわれず「気になった」ものを毎回セレクトし、クリエイティブワークに生かせそうなポイントを考察します。

「今回AIについて書いてみようかと思うんですが」、とメールに書くと、編集の方は、「いいですね」、と二つ返事だった。そんな流れでAIについて書こうとしているのだが、正直改めて後悔している。というのはAIについて私が詳しいかと言うと、まるっきりそんなことはないからだ。

そんな私がなぜAIについて書こうとしているのか、というと、先日行われたあるセミナーで、私も関わっている実験的なプロジェクトがAIの事例として紹介されることになったからだ。視覚障害者の方に向けた「braille nails」は、触覚で楽しめる3Dのデザインに、カメラにかざすと、目の前の風景について説明してくれる機能を付加したネイルのプロトタイプである。

プロトタイプだけに実用化はまだまだ遠いし、機能の面でも課題が山積みなのだが、そこにGoogleが開発したTensorFlow(テンサーフロー)が使われている。テンサーフローとは何かというと、オープンソース化された「人工知能を簡単に実装できるソフトウェアライブラリ」である。

そのように書いてみたところで、私が理解しているとは言い難い …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

クリエイティブの「種」、のようなもの の記事一覧

AI✕クリエイティブ、必要なのはテクノロジーと人を結びつけるシナリオライティング​(この記事です)
企業の「筋肉」を鍛える、社内コミュニケーション
組織の壁を超えるクリエイティブ
「不便」という体験をデザインする
資生堂クリエイティブ本部・小助川雅人氏による新連載がスタート!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する