広告マーケティングの専門メディア

変わる、広告戦略の今

有力企業44社に聞く宣伝部長の課題と挑戦(2)

広告を取り巻く環境が大きく変わる中で、宣伝部門に求められる役割も大きく変わりつつあります。広告戦略のプロフェッショナルとしてだけでなく、デジタルも含めたマーケティング全般へと、期待される役割は大きく広がりつつあると言えるでしょう。今、まさに社会環境は変化の途上。宣伝部も、それに合わせた変革の真っただ中にあります。だからこそ、宣伝部門にとって広告戦略の策定のみならず、組織体制や人材育成も大きな課題になっています。

前例が通用しない時代に、宣伝部門を率いるリーダーの皆さんは、どのような意識と戦略で、この状況に立ち向かおうとしているのでしょうか。注目44社の宣伝部長に、広告戦略の方針を聞きます。

宣伝部門の今年の注力領域や注力媒体、抱える課題や、外部パートナーに求める役割・スキルについて聞いたアンケートへの回答を一覧で紹介する。回答項目は、【1】所属する部門人数・平均所属年数、【2】部門に不足していること・強化が必要なこと、【3】管轄業務、【4】注目の話題・手法(2つまで選択)、【5】2018年に注力したい施策・領域(3つまで選択)。

    11 オリエンタルランド

    マーケティングコミュニケーション部
    部長
    東樹 秀明(とうじゅ・ひであき)

    2007年商品管理部部長、2009年リゾートクリエイト部部長、2011年商品開発部部長、2014年より現職。

    海外市場を見据え、データ分析で加速する

    デジタルデータの活用と分析、海外向けマーケティング。

    部門人数と平均所属年数
    部門人数 57人
    平均所属年数 約7.5年

    今年注力したい施策・領域

    ● 見込み客の発掘(リードジェネレーション)
    ● メディアの効率的なプランニング・バイイング
    ● 海外市場向けの宣伝・ブランディング施策

    12 オリンパス

    宣伝部
    部長
    大山 義之(おおやま・よしゆき)

    1989年入社。名古屋支店での営業からスタートして、99年から2002年までオリンパス・フランス勤務。2014年、広報・プロフォトビジネス部長、2015年より現職。

    グローバル展開におけるブランド戦略の強化

    医療、映像、科学の性格が異なる3つの事業分野の宣伝施策を、文化・市場・法規制が異なる日米欧亜で展開しているため、ブランドの一貫性と、事業・地域の最適化とのバランスを重視する見通し。

    部門人数と平均所属年数
    部門人数 30人
    平均所属年数 約8年

    今年注力したい施策・領域

    ● 企業のブランド価値を向上させること
    ● 商品の売上を宣伝施策で高めること
    ● 海外市場向けの宣伝・ブランディング施策

    13 カルビー

    マーケティング本部
    コミュニケーション部 部長
    野堀 和哉(のぼり・かずや)

    1997年入社、近畿支店営業担当。2000年、ポテトチップスグループにて商品企画担当。2008年、西日本事業本部にて商品企画担当。2011年、マーケティング本部野菜スナックチームブランドマネージャー。2014年、マーケティング本部広告宣伝課課長。2018年より現職。

    一層支持されるブランドコミュニケーションを推進

    多数あるロングセラーブランドを生かした、ファンづくりを含む統合的なコミュニケーション施策の実現。

    部門人数と平均所属年数
    部門人数 5人
    平均所属年数 約3年

    今年注力したい施策・領域

    ● 商品の売上を宣伝施策で高めること
    ● 継続的な購買の促進(リテンション、リピーター獲得施策)
    ● メディアの効率的なプランニング・バイイング …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

変わる、広告戦略の今の記事一覧

変わる、広告戦略の今の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する