広告マーケティングの専門メディア

AdverTimes Days 2018

人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方

伊東正明氏(OFFICE MASA)、大松孝弘氏(デコム)

宣伝会議は4月11、12日、マーケティング・コミュニケーション領域の総合イベント「AdverTimes Days 2018(アドタイ・デイズ)」を開催しました。改めていま、「広告」と「広告という産業」が社会に果たす役割を問い直そうという思いを込め、今年のテーマを「Re:Creation」と設定。本号では、第一線で活躍する登壇者らによるセミナーの様子を一部レポートします。

伊東氏はP&Gでマーケティング責任者や事業責任者などを歴任。現在は複数社の顧問を務める。大松氏は大手広告会社を経て独立。一貫してインサイトリサーチによるアイデア開発支援を提供している。

人の興味関心に寄り添って多様な視点を持つ

市場の成熟化やライフスタイルの多様化が進む現代において、消費者のインサイトを捉えることはマーケターにとってますます重要な課題となっている。しかし消費者自身も気づいていない欲求を探り出し、さらにそれをプロダクトやプロモーションにまで落とし込んでいくことは容易ではない …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

AdverTimes Days 2018 の記事一覧

人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方(この記事です)
腑に落ちただけで終わらせない!即、行動に落とすためのマーケティング実務設計
コラボ企画を成功させる秘訣 午後の紅茶×ポッキーのコラボはなぜうまくいったのか?
こんな時代に完売御礼!!『CanCam』×『レタスクラブ』に見る、雑誌の力
LIXIL、NECと考える、2020年に向けた企業がスポーツと共に歩むプロモーションのあり方
100周年を迎えたパナソニックのブランディング戦略
企業の垣根を超えて活躍できるようなマーケターになるには?
マスとデジタルを統合したメディアプランニングが求められる時代に
来場者は1万人以上 広告界の「いま」を俯瞰する2日間

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する