広告マーケティングの専門メディア

広告界イベント&新商品情報

3月の広告界イベント&新商品情報まとめ

楽天コミュニケーションズが提供 新たなコンタクトセンターサービス


楽天コミュニケーションズは4月、あらゆる顧客チャネルに対応し、顧客エンゲージメントを強化するクラウドコンタクトセンターサービス「コネクト・ストーム」の提供を開始する。

世界中で豊富な導入実績を持つ、英Content Guru, Ltd.のコンタクトセンター向けクラウドプラットフォームを採用し、メールや電話、SNS、Webチャットなど多様化する顧客との接点を一括で管理する、企業と顧客をつなぐカスタマーエンゲージメントハブとなる。

SalesforceやMicrosoft Dynamicsといった主要なCRMと連携が可能であるなどの高い機能性、また急激なアクセス増加や大型案件の受託などにも対応できる柔軟な設計を特徴としている。

管理者が運用しやすいインターフェースの設計も特徴のひとつ。コンタクトセンター全体の稼働状況が一目でわかるほか、さまざまな統計を好みのデザインでダッシュボード表示することができる。

楽天コミュニケーションズは、これまで累計1000社を超える企業に対し、クラウドコンタクトセンターサービス「コネクト2.0」を提供してきた。既存のサービスに加え、コネクト・ストームを通じて、顧客エンゲージメント強化の実現とユーザー企業の発展に貢献していく。

電通ダイレクトフォースが社名変更 電通ダイレクトマーケティングへ


電通は、ダイレクトマーケティング領域における成長戦略を加速させるため、本社のダイレクト関連部署を再編し、専門機能を子会社のダイレクト領域専門エージェンシー・電通ダイレクトフォースに統合すると発表した。これに伴い、4月1日付で社名を「電通ダイレクトマーケティング」に変更する。

デジタルテクノロジーが進化する中、また情報探索・購買・コミュニケーションといった消費者行動の場がデジタル空間へと広がる中、ダイレクトマーケティングの重要性はますます増しており、取り得る手段も増え続けている。今後の成長可能性が高い同領域において、専門性の高い人材とノウハウを1社に集約することで、電通グループの提供価値をさらに高めていく狙いだ。

従来型のダイレクトレスポンス広告に加え、戦略コンサルティングやデジタル、CRMにも注力し、課題解決力の強化を図るとともに、事業戦略から企画・実行までをワンストップでプロデュースする、高度なサービスを提供する …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界イベント&新商品情報 の記事一覧

3月の広告界イベント&新商品情報まとめ(この記事です)
2月の広告界イベント&新商品情報まとめ
1月の広告界イベント&新商品情報まとめ
12月の広告界イベント&新商品情報まとめ
10~11月の広告界イベント&新商品情報まとめ
11月の広告界イベント&新商品情報まとめ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する