広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

活躍した日本人選手を氷像で毎日再現!

日本コカ・コーラは2018年2月12日から1週間、冬季オリンピック応援キャンペーンの一環として大会中のハイライトシーンを氷の人物像で再現する「#コーク氷のハイライト」というプロモーションを東京メトロ新宿駅で行った。テレビCMでは綾瀬はるかさんたちがコカ・コーラに氷を入れてオリンピック観戦の準備をするシーンがあったが、その「コカ・コーラ」のおいしさの象徴である氷、さらにスケートやカーリングなどの競技の氷をダブルで想起させる上手い展開だった。

等身大以上の展示ケースが7つ設置してあり(写真1)、初日は大会の公式マスコットの氷像と、四角い氷柱が6つ並んでいたが、その後はその日毎にスピードスケート、スノーボード、ノルディック、カーリング、フィギュアスケートなどの日本人選手が活躍した氷像に変わっていった(写真2)

写真1 氷像の展示ケース。7日間毎日つくられた。

写真2 スピードスケートの氷像。
(写真1、2 日本コカ・コーラ)

驚くことに、これらは夜中に現場で氷彫刻家が制作したという …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告(この記事です)
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論
ヒトが介在してモノをコトにする 地域を元気にするイベントの力
新たに456人が誕生 第13期「プロモーショナル・マーケター」
デジタルテクノロジーを使った体験型OOH広告
新聞社が見学施設を整備 読者との交流の拡大を図る
たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する