広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開

システムと業務改革でデジタル部門の強化目指す

新聞社がデジタル事業に取り組み始めて20年以上が経過している。編集局のデジタル対応、広告単価や外販価格の安さ、紙の購読料との価格差─。これらの難題が立ちはだかり、収益化はいまだ試行錯誤の段階だが、課題解決に向けた新たな取り組みが相次いでいる。

その中で現在、大きな注目を浴びるのが毎日新聞社だ。今秋から、新しいシステム「MIRAI」へ順次移行する。これは記事や写真の出稿・管理を行う素材管理システム(CMS)で、新聞社では従来、紙面を構成する組版システム(CTS)が中核に据えられていた。紙面こそが新聞制作の中心で、デジタル対応が進んでも、記者のワークフローは朝刊・夕刊発行が柱だった。

この、システムの中核をCTSからCMSに切り替え、紙とデジタル双方に対応した仕組みの構築を目指すというものだ。「紙が先」「デジタルが先」という議論ではなく、多くのコンテンツを作り、販売する「コンテンツファースト」の理念を打ち出している。システム改革と同時に、社内のワークフロー改革を打ち出し、新しい収益の柱としてデジタル部門の強化を加速する …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開(この記事です)
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論
ヒトが介在してモノをコトにする 地域を元気にするイベントの力
新たに456人が誕生 第13期「プロモーショナル・マーケター」
デジタルテクノロジーを使った体験型OOH広告
新聞社が見学施設を整備 読者との交流の拡大を図る
たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する