広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果

明石庸司

メダルを獲得した競技を中心に高視聴率を記録

2月9日から25日まで17日間にわたり熱戦が繰り広げられた平昌五輪。テレビ放送も20%以上の視聴率を連発するなど、近年の冬季五輪を上回る盛り上がりを見せた。デジタル配信でも、民放公式五輪サイト「gorin.jp」では、過去最高のアクセス・動画視聴数を記録した。数字で振り返ってみたい。

冬季大会としては日本選手が過去最多13個のメダルを獲得。フィギュアスケートの羽生・宇野両選手、スピードスケートの小平選手、髙木菜那・美帆姉妹の活躍やカーリング女子の躍進などで、テレビ中継も高視聴率を連発した。

NHKは、2月17日放送のフィギュア男子フリー(33.9%、関東地区の世帯視聴率、以下同)と9日の開会式(30.1%)で30%超の視聴率を記録。男女とも注目されたカーリングは、予選が進むにつれて、特に女子の視聴率が上昇。23日の韓国戦(26.4%)と銅メダルを獲得した24日の3位決定戦(25.0%)では25%超の好記録を残した。

一方、民放は今大会において種別としては最も多くのメダルを獲得したスピードスケートがGP帯で行われたこともあり、高視聴率を記録 …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

リアル領域に飛び出すデジタルプラットフォーム スマートシティ戦略
オリンピック・パラリンピックの開閉会式という「イベント」
3月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
セールスプロモーション活動は 健全なのか?
OOHにおける 冬季オリンピックの応援広告
デジタル収益化に向けた新聞業界における新展開
平昌五輪における 放送とデジタル展開の結果(この記事です)
2月の広告界ニュースダイジェストを紹介!
2月の広告界ニュースダイジェスト:日本PR大賞ほか
米国を取り巻く ネット中立性の議論
ヒトが介在してモノをコトにする 地域を元気にするイベントの力
新たに456人が誕生 第13期「プロモーショナル・マーケター」
デジタルテクノロジーを使った体験型OOH広告
新聞社が見学施設を整備 読者との交流の拡大を図る
たすきをかけて山手線を走った箱根駅伝のOOH広告
家電からクルマまで ─CES2018に参加して─
2020年を見据えて、イベントに期待するもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する