広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

ONE OK ROCKとコラボ―幅広い世代に向けたホンダの企業広告

本田技研工業

テレビCM「Go,Vantage Point.」。

接点が持てていない層に企業のあり方や想いを届ける

米国の街の交差点、ダンスをしながらテンポよく交通整理をしている警察官の横に飛行機が登場。少し驚きながらも誘導する警察官、飛行機はその横を通りぬけ、空へと飛び立っていく。

これは、本田技研工業が2月1日からスタートしたテレビCMのワンシーン。同社の企業広告「Go,Vantage Point.」の第2弾だ。世界が多様化していく中で、相手のことを想像するためには、自分の現在の立ち位置だけに留まらず、新たな視点が手に入れられる「見晴らしのいい場所(Vantage Point)」に行こう、というメッセージが込められている。

今回の企業広告は、人気ロックバンド「ONE OK ROCK」とコラボレーションしている。「ONE OK ROCK」は日本だけでなく、米国やアジア、欧州など世界中で人気を集めているグループ。2017年7月に公開された第1弾では、同グループと映画監督の庵野秀明氏とコラボレーションしたテレビCMを公開。さらに、SHIBUYA109の屋外広告や特設サイトでカウントダウン企画を行い、ファンを中心に話題を呼んだ。

今回の第2弾は、テレビCMのサウンドエンジニアとして参画したほか、企画のために新曲「Change」を書き下ろしている。

企画を担当している同社 日本本部 営業企画部 商品ブランド課の樋口裕紀氏は、「想定ターゲットは普段、Hondaと関わりが少なく、なかなか接点が持てていない方を含めた、幅広い世代になります。Hondaという企業のあり方や想いを届けることで、ブランドへの理解と共感を促していくことが施策の出発点です」と話す …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

ONE OK ROCKとコラボ―幅広い世代に向けたホンダの企業広告(この記事です)
BOSSとラ王、発売25周年の人気ブランド同士が異色コラボ
自動車が「餅つき」! 新しさを求める層に向けたアウディの動画プロモーション
神社に巨大な「お父さん像」が登場!戌年にちなんだソフトバンクのプロモーションが話題
LINE スマートスピーカー、テレビCMで独自メリットを打ち出して商品価値を訴求
広告が嫌がられる時代に、あえてバナー広告で追いかけるキャンペーンを展開
スマートスピーカーとそっくりなドーナツ、グーグルが期間限定ショップをオープン
ヤフーがおそ松さんや仮面女子などとコラボし、フォロー機能の利用促進
「吉野家」と「はなまるうどん」が顧客を互いに送客、お得な定期券をコラボで販売
参加者が変顔を競い合う、キレートレモンが渋谷で行ったサンプリングイベント
樹木希林さんがカードの「化身」に、キャスティングが肝のMastrcardキャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する