広告マーケティングの専門メディア

R30のホープたち

注目の20代マーケターの仕事に迫る!─スカパー JSAT篇

スカパーJSAT 池田瑠璃子

次世代を担う若手マーケター・クリエイターを紹介する本連載。新たな時代を担うホープたちはどのようなポテンシャルを秘めているのか。今回は、スカパーJSAT メディア事業部門で活躍する池田瑠璃子さんに話を聞いた。

スカパーJSAT
メディア事業部門 プラットフォーム事業本部
プロモーション部 宣伝チーム
池田瑠璃子(いけだ・るりこ)さん 26歳

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2014年にスカパーJSATに入社。Jリーグ推進部でのプロモーション担当を経て、2017年にプロモーション部宣伝チームのプロ野球担当へ。シーズンオフは音楽ライブ案件なども担当。ライブエンターテイメントの熱気をより多くのファンに届け、生活を彩ることを目指し、活動している。

ファクトだけでなくファンに寄り添う姿勢を伝える

スカパー!で、プロ野球の全試合を視聴できる「プロ野球セット」の加入促進のプロモーションを担当している池田瑠璃子さん。入社して2年間は、Jリーグ商品の販売促進担当としてスタジアムでの加入案内などを行い、3年目を迎えた2017年に宣伝チームに異動してきた。

池田さんは、「2016年に俳優の堺雅人さんが当社のJリーグ放送に対する想いを国会で力説するテレビCMを放送したところ、サポーターから熱量ある声が届き、加入意向が高まるのを目の当たりにしました。私も、より多くの方の気持ちを変えるプロモーションに取り組みたいと思うようになりました」と、当時を振り返る。

「プロ野球セット」加入者数の目標達成に向けて、ターゲット設定、戦略立案、メディアプランニング、クリエイティブ制作と、手掛ける領域は幅広い。そうしたプロモーションで、特に重要になるのが「開幕期」。プロ野球では、3月下旬から5月中旬のセ・パ交流戦前までが山場となる。

しかしプロ野球中継を取り巻く環境も、ここ数年で変化。プロ野球の全試合放送はスカパー!の大きな強みであるが、近年新たに登場した動画配信プラットフォームでも多くの試合が配信されるようになり、訴求点を再認識する必要が生まれたのだ。

「ファクトの伝達だけでなく、これまでの実績や当社のファンに寄り添う姿勢を広告で打ち出していきたいと考えています」と池田さん。2017年のテレビCMでは、プロ野球12球団それぞれに2パターンずつクリエイティブを制作。野球が好きな層に向けて試合映像を使ったもの、幅広い層に向けて堺雅人さんにそれぞれのチームの見所を語ってもらったものをつくることで、ファンにスカパー!のプロ野球への思いを伝える工夫をし、目標としていた加入件数達成に貢献した …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

R30のホープたちの記事一覧

R30のホープたちの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する