広告マーケティングの専門メディア

REPORT

CNN広告営業トップが提言 メディアは「広告媒体」から脱却すべき

CNNインターナショナル・コマーシャル

1980年に開局し、米国に拠点を置くニュース専門放送局 CNN(Cable News Network)は、200以上もの国と地域で視聴され、日本には2010年に上陸した。SNSの浸透などにより、誰もが情報の発信者となることができ、一方でメディアの強く信頼性が問われる現代。こうした中、世界最大規模のニュースチャンネルとしてどのような点を強みとし、今後どのようなことに注力していくのか。アジア太平洋地域における広告営業を統括するスニータ・ラジャン氏に聞いた。

CNNインターナショナル・コマーシャル(CNN International Commercial)のアジア太平洋広告営業上席副社長 Sunita Rajan(スニータ・ラジャン)氏

──誰もが発信者となれる時代、CNNの強みとは。

強みは、大きく2つ挙げられる。まず、オーディエンスが何よりも知りたいと考えている「真実(ファクト)」を提供していること。ソーシャルメディアを含め、世の中には無数のニュースソースが存在する。こうした中、最も重要なのはジャーナリズムのクオリティに他ならない。CNNは、世界中のさまざまな国や地域の経験豊富なジャーナリストをネットワークしており、各地で発生する事件・事象のファクトをいち早く、また詳細に報道する体制が整っている …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

CES視察レポート「日本企業はデジタルエコシステムを理解する必要がある」
広告主の視点で見たCES─テクノロジーが、ストーリーテリングを変える。
CNN広告営業トップが提言 メディアは「広告媒体」から脱却すべき(この記事です)
スポーツに関わる広告商品のマーケットプレイス構築を目指す─パナソニックが描く新たな構想
小売流通企業との広告投資量の認識ギャップを解消する

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する