広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

マザーハウスに聞く、社会と共存しながら一人ひとりが成長できる新しい企業経営とクリエイティブの役割

クリエイティブ・ワークスタイル・ハック・プロジェクト Vol 5.(AMD)

ブランディング・エージェンシーのAMD(エーエムディ)と宣伝会議マーケティング研究室が共同で行う「クリエイティブ・ワークスタイル・ハック・プロジェクト」。5回目の研究会ではマザーハウス代表取締役社長であり、デザイナーでもある山口 絵理子氏と一緒に、これからの企業のあり方、さらにそこにおけるクリエイティブの役割について考えます(本文中・敬称略)。

編集協力:AMD株式会社

(左)マザーハウス 代表取締役社長兼チーフデザイナー 山口 絵理子氏
(右)AMD 代表取締役CEO 千布 真也氏

経営者であることすら忘れないとリスクが大きすぎてできない仕事

千布:いま、あらゆる業界において社会課題の解決につながる事業や経営のあり方が求められています。僕たちも広告クリエイティブ業界における、社会課題解決への関わり方を模索しているところで、現在のブランディング・エージェンシーからソーシャルクリエイティブグループへと進化を遂げようとしているところで是非、山口さんのお話を伺いたいと思っていました。

山口さんは「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」という志のもと、2006年にマザーハウスを立ち上げられました。約10年が経過し、今日時点でご自身の理想がどこまで実現しているとお考えですか。

山口:達成度は20%くらいかなと思います。販売と生産で感覚が少し違っていて、売ることや会社を大きくすることにそこまで強い意欲がなかったのに、33店舗まで増えたことは想像していた以上でした。

一方で生産については当初の事業計画だと、今頃10カ国くらいで生産ができているはずだったので現実は厳しかったな、と。それぞれの国で出会った職人たちとゼロから1をつくるということをしているので、ひとつの国で生産ができるようになるまでは、5年はかかっていますね。もちろん、これまでの経験があるので、もう少しスピードアップしていけるとは思うのですが。

千布:山口さんは経営者であり、デザイナーでもあります。商品のアイデアやデザインを考える際は、マーケットのニーズを意識しているのでしょうか。

山口:新しい国で、新しいプロダクトをつくろうとしている時は、経営者であることも忘れているくらいなので、マーケットニーズなんて、まったく考えていません。経営者であることを忘れでもしなければ、自分が現地に入り込んで仕事するなんて、リスクが大きすぎてできませんでした。

例えば、ジョグジャカルタでジュエリーをつくり始めた時には、村の中での聞き込みから始めました。そこでシルバー職人だったという方の情報を得て、会いに行き、さらに職人魂を奮い立たせて新しいものづくりを一緒に始めてもらう。そこでやっとファーストサンプルが出来上がり、副社長の山崎に見せる段階になって、マーケットニーズを考えるようになります。

その場面で、山崎が「これは、いける!」と言うかどうかは、いつもデザイナーとして緊張しますね。ですからものづくりの前半と後半で、マインドが全く違うんです。

想いだけでは継続できないプロダクトに対する執念が支えに

千布:AMDでは広告業界のクリエイターの働き方を変えることも、社会課題の解決につながるのではないか、と考えて金沢にオフィスを構えたり、ママクリエイターの価値を最大化する新会社「mom.ent(モーメント)」を立ち上げたりしています。こうした活動を通じて、働く人のやりがいや心の満足を考えることがとても重要だと感じています。

山口:今、国内だけでマザーハウスでは約150名のスタッフが働いています。皆、マザーハウスの考えに共感して入社をしてくれていますが、私は想いだけで仕事は続かないと思っています。自分自身の経験から言えるのは、大切なのは想いだけでなく、プロダクトやサービスの品質に対する執念があること。

お客さまは、使いやすいバッグであるかどうか、隣の店のバッグと比べて、どこがどう優れているのかをご覧になっているわけで、自分たちはシビアなビジネス環境で仕事をしているということを忘れてはいけません。品質がまず先にあって、その後にストーリーがついてくる。この順番が逆になることは、決してないと思います。

千布:山口さんが起業した当時は、「社会起業家」という言葉が社会的に良く取り上げられましたし、その象徴として山口さんが取り上げられることも多かったですよね。そういう山口さんの姿に憧れて入社する人も多いと思いますが。

山口:よく社内に対しては「ウォームハートとクールヘッド」という話をします。想いだけで企業を継続させられませんし、企業を継続できなければものづくりを続けることもできない。想いだけでなく、一人ひとりに「あなたは、なんのプロフェッショナルか?」が問われているのだという話をしています。そこを理解してもらえないと、ピュアで熱い想いを持ったスタッフが真の意味で活躍することができないと考えています。

そこでマザーハウスでは中途採用のスタッフも、まずは全員店舗で働きます。そこで「考えていた仕事と違う」と落胆するスタッフも出てきます。でもマザーハウスの場合、あなたが扱っているバッグが、どうバングラデシュにつながっているのかを全て見せることができます。リアルビジネス×ソーシャルが継続するためには、この背景を見せ続けられることが大事。マザーハウスの場合は、すべてを内製化しているので、それができるんです。

プロフェッショナルであるからこそ社会に対する想いが実現できる

千布:最近、AMDでは北陸地方の学生を対象に当社のサポートのもと、フィリピンを舞台にビジネスの企画から現地調査、実際の起業までを行う「社会起業家リーダーシップラーニングジャーニー」というプロジェクトを始めました。

広告クリエイティブ業界が培ってきた課題を解決する発想力を、広く社会に生かすことができないか。そして、若い人たちが社会課題解決型ビジネスを構築する支援ができないか、と思い始めたためです。想いだけでなく、仕事においてはプロであるべきという山口さんのお話に、大変刺激を受けました。

山口:事業として継続していく以上、想いを共にする仲良し集団というだけではやっていけません。プロダクトに対する執念、プロとしての意識があるから、途上国の職人に対しても、質に対してより良くしていくための厳しい指摘や提案ができますし、それが職人の気持ちを奮い立たせ、素材を輸出していた時以上の付加価値ある商品を生み出すことができる。

「途上国支援に対する想い」×「プロダクトに対する執念」を兼ね備えた人材として活躍する人が増えてほしいと思っています。

千布:山口さんのお話に多くのヒントをいただきました。これから多様な「想い」×「プロフェッショナル」の掛け合わせをつくっていくことができればと思います。

「クリエイティブ・ワークスタイル・ハック・プロジェクト」とは?

2016年9月にブランディング・エージェンシーのAMDと、宣伝会議のマーケティング研究室が共同で立ち上げた研究会。約1年をかけて「今、求められるクリエイティブチームのありかた」をテーマに、様々な立場の広告主企業の担当者などと議論を行い、そこから得られた知見を発信していきます。

マザーハウス
代表取締役社長兼 チーフデザイナー
山口 絵理子氏

慶應義塾大学卒業後、ワシントンの国際機関でのインターンを経てバングラデシュBRAC大学院開発学部修士課程入学。現地での2年間の滞在中、日本大手商社のダッカ事務所にて研修生を勤めながら夜間の大学院に通う。2年後帰国し、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」をミッションとしてマザーハウスを設立。現在バングラデシュ、ネパール、インドネシア、スリランカの自社工場・提携工房でジュート(麻)やレザーのバッグ、ストール、ジュエリーのデザイン・生産を行う。

AMD
代表取締役CEO
千布 真也氏

2006年設立の東京・代官山および金沢を拠点とするブランディング・エージェンシーAMDと共に、デジタルカンパニーAMD WOWTTO(ワオット)およびママクリエイティブプロダクションmom.entの代表取締役を務める。「クリエイティブワークの社会的価値を高める」ことをカンパニーミッションに掲げ、ブランディング視点で企業や社会の抱える課題を解決する方法を提案・実現するプロフェッショナル集団を率いる。

Pick Up!(PR) の記事一覧

マザーハウスに聞く、社会と共存しながら一人ひとりが成長できる新しい企業経営とクリエイティブの役割(この記事です)
2018年に押さえておきたい重要テーマ「UX設計」「アプリマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「オーディオメディア」「インフルエンサーマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要ワード「GIF動画」「スモールマス」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「インスタントウィン」「コンテンツマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「デジタル動画」「UX改善」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「ダイレクトマーケティング」「DX」
デジタルマーケターの8割超が課題視する「組織・人材・スキルの未整備」
顧客エンゲージメント強化には、チャネルやライフステージを越えた体験価値向上が不可欠
雛形あきこさん、大谷優二さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡─情報通信の広告篇
マーケティングROIを高める「顧客データの統合」と「施策横断的な効果測定」
最新Eコマース事例を多数紹介、日本IBM主催セミナーをレポート
最新のデータマーケティング事情 成功のキーワードは「スマートデータ」
顧客体験の質向上には「データドリブン」を実行する組織/仕組みづくりが不可欠
マーケティングの中心となるDMP
ANA・KDDI・ユニリーバ・JIONが登壇、読まれるオウンドメディアのつくり方とは?
ワクワクする体験でプロダクトの価値を伝える─アサヒグループ食品、シャープ、Knotの挑戦
ジェネレーション×インダストリー。ADK、10の専門家集団が予測する2018年。
体感イベントが軸に!新習慣×共感を仕掛ける「KANEBO」の挑戦
靴ブランドKiBERA テレビCMの1/6のコストで売上225%、動画で着用体験を表現
行動パターンからペルソナを描く。位置×範囲×時間で実現する、より深い消費者理解
検索数が300%に増加。ミレニアルが動いた! キールズのコンテンツマーケティング
「質」も「量」も追求する、進化するオールアバウトのコンテンツマーケティング
ロッテ「雪見だいふく」の購入率が向上、レシピ動画の活用方法とは?
アクションにつなげるKFC流のデータ活用マーケティング
旅のオーダーメイドが新たな顧客をつかむ
本当に活用できるデータを増やすためマーケターが実践できること
「周年事業」は社員を巻き込む好機 ビジョンを共に語り、未来に向けた設計図を描く
クオリティにこだわる動画メディア「MINE BY 3M」が、初のCMを放映
相田翔子さん、字和川泰道さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡-オーディオの広告篇
花王が動画で新商品を異なる切り口で紹介、広告接触者の理解度が約7倍に
先進企業3社がアドバイス 「MAの選び方と活用方法」--「THE MARKETING NATION SUMMIT2017」レポート
マスとデジタルの組み合わせの最適解は?大手企業が臨む、相乗効果を生む広告プランニング
レシピ動画で地域の特産品をPR、「ふるさと納税」の寄付金が140%に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する