広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

2018年に押さえておきたい重要テーマ「デジタル動画」「UX改善」

Viibar/ビービット

デジタル動画がもたらす意識変容とブランドへの共感

    講演テーマ

    ライオンの施策から読み解くデジタル動画の可能性

    登壇者

    Viibar 動画マーケティング事業部 Account Manager 堀野勝也氏
    ライオン コミュニケーションデザイン部 CXプランニング室 浅沼威行氏

デジタルマーケティングにおける動画の役割は飛躍的に大きくなっており、活用範囲も急激に広がっている。マーケティング戦略の立案から、デジタル動画の企画・制作・配信、効果測定までをワンストップで手がけるViibarの堀野勝也氏は、ライオンの「クリニカ Kid’sハブラシ」の事例を挙げながら、デジタル動画を活用したマーケティングの可能性について説明した。

堀野氏は、「認知、興味関心、理解、購入というパーチェスファネルのすべてのフェーズにおいて動画広告の効果に期待が高まっている」とした上で、「ひとつの動画を、複数の目的を達成する手段として活用するのではなく、ひとつの目的を深く追求するために活用するという意識が重要。ブランディングから商品認知、そして購買に至るまでの全体設計を描く必要がある」と強調した。

ライオンの事例では、子どもを持つ母親を対象とした事前調査を実施。この結果を、クリエイティブに反映させた。ライオンが目的に掲げた「オーラルケアを通してママに共感してもらう(ライオンは、ママの大変さをわかってくれる)」ことを達成するため、エンゲージメント率を高める動画企画の方法論「HESSE(Hook・Enjoy・Sympathize・Show・Express)」に沿って企画制作を進めた。

共感を高めるために、機能訴求を極力抑えることも心がけたという。ライオンの浅沼威行氏は「デジタル動画を見た方の半数以上が購入意向を示し、NPSも全体で20%増、特に0~6歳の子どもを持つ方では30%増を記録し、意識変容に成功した。今後は認知拡大だけでなく、ブランドのファン化にも動画を活用していきたい」と手応えをのぞかせた。

Viibar
動画マーケティング事業部 Account Manager
堀野勝也氏

ライオン
コミュニケーションデザイン部 CXプランニング室
浅沼威行氏

    お問い合わせ

    住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル5階
    TEL:03-6455-6994
    FAX:03-6455-7931
    E-mail:info@viibar.com
    URL:http://viibar.com/


顧客の真の姿を把握することが、デジタルマーケティング成功の鍵

    講演テーマ

    UX向上を実現させるSTPDの実践手法

    登壇者

    ビービット エグゼクティブマネージャ/エバンジェリスト 宮坂 祐氏

デジタル時代の到来に伴い、消費者の価値観が変化する中、企業のビジネスモデルは「モノ(商品・サービス起点)」を売ることから「コト(顧客のストーリー起点)」を売ることへと変化している。物質的なモノを提供するだけの時代は過ぎ去り、データも駆使しながら質の高い顧客体験(UX)をつくり提供することが不可欠となっている。

一方、消費者と企業との接点は、デジタル領域を中心に増え続けている。その接点を通じて得られる膨大なデータをいかに有効活用するかが、企業のビジネス成長において重要な視点となっているのだ。

ビービットの宮坂祐氏は講演で、デジタルマーケティングの成果を高めていくために必要な考え方と方法論を解説した。

「高速PDCAサイクルを回して成果を向上すると言っても、Planを立てるのは難しく、実行スピードが上がらない、成果につながらないという声を多く聞く。単にデータを集計して統計的に捉えるだけでは、施策と成果の因果関係を正確に把握できない。そのデータに基づいてUXを改善しようと思っても、真の顧客像を踏まえたものではないため、成果につながらない」と、多くの企業がデジタルマーケティングにおいて陥りがちな状況を指摘した。

その上で宮坂氏は、UXを改善するための新しいサイクル「STPDサイクル」(See:顧客を観察する→Think:考える→Plan:企画→Do:実行)を提案する。

属性情報と行動履歴という2つのデータを用いて、顧客一人ひとりの行動を分解して捉える。顧客観察を起点とすることで、顧客が置かれている状況やニーズを基にPlanを立て、施策の成果との因果関係や課題を明確化することもできるという。

宮坂氏は「実務において、実際に顧客に会うのは難しい。顧客の行動データを有効活用することが、デジタルマーケティングにおけるUX改善には不可欠だ」と話した。

ビービット
エグゼクティブマネージャ/エバンジェリスト
宮坂 祐氏

    お問い合わせ

    住所:〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル7階
    TEL:03-5210-3894
    FAX:03-5210-3895
    E-mail:marketing@bebit.com
    URL:http://www.bebit.co.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

マザーハウスに聞く、社会と共存しながら一人ひとりが成長できる新しい企業経営とクリエイティブの役割
2018年に押さえておきたい重要テーマ「UX設計」「アプリマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「オーディオメディア」「インフルエンサーマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要ワード「GIF動画」「スモールマス」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「インスタントウィン」「コンテンツマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「デジタル動画」「UX改善」(この記事です)
2018年に押さえておきたい重要テーマ「ダイレクトマーケティング」「DX」
デジタルマーケターの8割超が課題視する「組織・人材・スキルの未整備」
顧客エンゲージメント強化には、チャネルやライフステージを越えた体験価値向上が不可欠
雛形あきこさん、大谷優二さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡─情報通信の広告篇
マーケティングROIを高める「顧客データの統合」と「施策横断的な効果測定」
最新Eコマース事例を多数紹介、日本IBM主催セミナーをレポート
最新のデータマーケティング事情 成功のキーワードは「スマートデータ」
顧客体験の質向上には「データドリブン」を実行する組織/仕組みづくりが不可欠
マーケティングの中心となるDMP
ANA・KDDI・ユニリーバ・JIONが登壇、読まれるオウンドメディアのつくり方とは?
ワクワクする体験でプロダクトの価値を伝える─アサヒグループ食品、シャープ、Knotの挑戦
ジェネレーション×インダストリー。ADK、10の専門家集団が予測する2018年。
体感イベントが軸に!新習慣×共感を仕掛ける「KANEBO」の挑戦
靴ブランドKiBERA テレビCMの1/6のコストで売上225%、動画で着用体験を表現
行動パターンからペルソナを描く。位置×範囲×時間で実現する、より深い消費者理解
検索数が300%に増加。ミレニアルが動いた! キールズのコンテンツマーケティング
「質」も「量」も追求する、進化するオールアバウトのコンテンツマーケティング
ロッテ「雪見だいふく」の購入率が向上、レシピ動画の活用方法とは?
アクションにつなげるKFC流のデータ活用マーケティング
旅のオーダーメイドが新たな顧客をつかむ
本当に活用できるデータを増やすためマーケターが実践できること
「周年事業」は社員を巻き込む好機 ビジョンを共に語り、未来に向けた設計図を描く
クオリティにこだわる動画メディア「MINE BY 3M」が、初のCMを放映
相田翔子さん、字和川泰道さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡-オーディオの広告篇
花王が動画で新商品を異なる切り口で紹介、広告接触者の理解度が約7倍に
先進企業3社がアドバイス 「MAの選び方と活用方法」--「THE MARKETING NATION SUMMIT2017」レポート
マスとデジタルの組み合わせの最適解は?大手企業が臨む、相乗効果を生む広告プランニング
レシピ動画で地域の特産品をPR、「ふるさと納税」の寄付金が140%に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する