広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

2018年に押さえておきたい重要テーマ「オーディオメディア」「インフルエンサーマーケティング」

スポティファイジャパン/BitStar

視覚情報が溢れかえる現代において ミレニアルに支持されるオーディオメディアが効く

    講演テーマ

    ミレニアル世代にメッセージを届けるオーディオ広告とは

    登壇者

    スポティファイジャパン ビジネスマーケティングマネージャー 小林哲男氏

    ビデオリサーチ デジタルビジネス推進部 岡田真平氏

世界61カ国で音楽配信サービスを展開し、日本にも2016年11月に本格上陸した「Spotify」。スポティファイジャパンの小林哲男氏は、「グローバルや米国と比べ、日本の音楽市場のデジタル化・ストリーミング化は始まったばかり。しかし今後、ストリーミング配信が主流になることは間違いない」と、日本における音楽配信サービスの成長に自信をのぞかせる。

Spotifyのビジネスモデルは、月額課金の定額配信サービス(プレミアムプラン)と、広告収益により無料で視聴できるフリープランの2軸からなる。広告プラットフォームとしてのSpotifyのポテンシャルを示すデータを示したのは、ビデオリサーチの岡田真平氏。同社の独自調査を基に、Spotifyユーザーが企業のマーケティングのターゲットとしても魅力的な存在であることを紹介した。

「Spotifyのようなオーディオメディアは、家事や仕事、運転といった視覚的にbusyな行動と並走して接するケースが多い。オンライン/オフラインを問わずメディアに視覚情報が溢れかえる現在、生活シーンに入り込みやすいメディアとして注目に値する」と岡田氏。

なかでも、Spotifyユーザーの特徴として「日常と音楽が一体化」「ファッション高感度」「自由に使えるお金が多い」「トレンドを追い、ハマり、拡散する」などを挙げ、情報感度や消費意欲が高く、コンテンツ消費や情報発信に積極的という傾向を指摘した。

Spotifyでは、ユーザーのコンテンツ利用動向を分析しており、そのデータに基づいた広告配信が可能だ。「魅力的なターゲットに、最適なタイミングで最適なメッセージを届けられることが強み」と小林氏は力を込めた。

スポティファイジャパン
ビジネスマーケティングマネージャー
小林哲男氏

ビデオリサーチ
デジタルビジネス推進部
岡田真平氏


インフルエンサーマーケティング成功への近道は 効果の可視化と施策の最適化

    講演テーマ

    インフルエンサーマーケティングを科学する!!!
    〜若年層マーケティング攻略法2017〜

    登壇者

    BitStar マーケティング・ディレクター 高尾啓人氏

    ビデオリサーチ デジタルビジネス推進部 チーフAC 深田航志氏

インフルエンサーの採用優遇がファッション業界を中心に広がり、巷では「インスタ映え」という言葉が飛び交っている。現代のインフルエンサーの隆盛は、18〜24歳の「ワカモノ」像から読み解くことができるという。お金はないが、購買意欲は高い。スマートフォンを見る時間が長く、情報感度が高い。一方で、動画広告には無関心、広告メールには嫌悪感すら抱く傾向にある。そんな若年層に対して有効なのが、「第三者からのおすすめ」なのだ。

そのため企業がマーケティングを成功させるためには、その第三者(=インフルエンサー)に対し、上手く商品・ブランドの情報をシェアしていけるかどうかが鍵になってくる。自らがメディアとなり情報を発信するインフルエンサー。ブランドのイメージモデルやテレビタレントとして活躍するYouTuberやインスタグラマーは、若年層とブランドをつなぐ架け橋の役割を担っている。

さらに、Web検索よりも、Instagramのハッシュタグ検索から商品購入に至る若年層が増えているという。企業のメッセージをインフルエンサーに翻訳してもらったほうが、情報が伝わりやすく、購買につながりやすいのだ。

こうした流れを受け、BitStarとビデオリサーチでは、インフルエンサーマーケティングの効果を可視化するツールを開発している。インフルエンサーの影響力や特徴を数値化することで、プロモーションを最適化することができるという。BitStarの高尾啓人氏とビデオリサーチの深田航志氏は、「目的とターゲットを明確化し、適切なインフルエンサーに打診し、効果測定を行って最適化する。これを繰り返すことが成功への近道だ」と話した。

BitStar
マーケティング・ディレクター
高尾啓人氏

ビデオリサーチ
デジタルビジネス推進部 チーフAC
深田航志氏

    お問い合わせ

    TEL:03-4520-5777
    E-mail:info@bitstar.tokyo

Pick Up!(PR) の記事一覧

マザーハウスに聞く、社会と共存しながら一人ひとりが成長できる新しい企業経営とクリエイティブの役割
2018年に押さえておきたい重要テーマ「UX設計」「アプリマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「オーディオメディア」「インフルエンサーマーケティング」(この記事です)
2018年に押さえておきたい重要ワード「GIF動画」「スモールマス」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「インスタントウィン」「コンテンツマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「デジタル動画」「UX改善」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「ダイレクトマーケティング」「DX」
デジタルマーケターの8割超が課題視する「組織・人材・スキルの未整備」
顧客エンゲージメント強化には、チャネルやライフステージを越えた体験価値向上が不可欠
雛形あきこさん、大谷優二さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡─情報通信の広告篇
マーケティングROIを高める「顧客データの統合」と「施策横断的な効果測定」
最新Eコマース事例を多数紹介、日本IBM主催セミナーをレポート
最新のデータマーケティング事情 成功のキーワードは「スマートデータ」
顧客体験の質向上には「データドリブン」を実行する組織/仕組みづくりが不可欠
マーケティングの中心となるDMP
ANA・KDDI・ユニリーバ・JIONが登壇、読まれるオウンドメディアのつくり方とは?
ワクワクする体験でプロダクトの価値を伝える─アサヒグループ食品、シャープ、Knotの挑戦
ジェネレーション×インダストリー。ADK、10の専門家集団が予測する2018年。
体感イベントが軸に!新習慣×共感を仕掛ける「KANEBO」の挑戦
靴ブランドKiBERA テレビCMの1/6のコストで売上225%、動画で着用体験を表現
行動パターンからペルソナを描く。位置×範囲×時間で実現する、より深い消費者理解
検索数が300%に増加。ミレニアルが動いた! キールズのコンテンツマーケティング
「質」も「量」も追求する、進化するオールアバウトのコンテンツマーケティング
ロッテ「雪見だいふく」の購入率が向上、レシピ動画の活用方法とは?
アクションにつなげるKFC流のデータ活用マーケティング
旅のオーダーメイドが新たな顧客をつかむ
本当に活用できるデータを増やすためマーケターが実践できること
「周年事業」は社員を巻き込む好機 ビジョンを共に語り、未来に向けた設計図を描く
クオリティにこだわる動画メディア「MINE BY 3M」が、初のCMを放映
相田翔子さん、字和川泰道さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡-オーディオの広告篇
花王が動画で新商品を異なる切り口で紹介、広告接触者の理解度が約7倍に
先進企業3社がアドバイス 「MAの選び方と活用方法」--「THE MARKETING NATION SUMMIT2017」レポート
マスとデジタルの組み合わせの最適解は?大手企業が臨む、相乗効果を生む広告プランニング
レシピ動画で地域の特産品をPR、「ふるさと納税」の寄付金が140%に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する