広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

2018年に押さえておきたい重要テーマ「インスタントウィン」「コンテンツマーケティング」

ユニークビジョン/QUANT

SNSキャンペーンで実現 ユーザーとのエンゲージメント強化

    講演テーマ

    先端企業の担当者に学ぶ Twitterでのインスタントウィン、チャットボットの活用法

    登壇者

    セブン-イレブン・ジャパン 商品本部 販売促進部 メディア広告企画担当 大石健司氏
    ユニークビジョン 代表取締役 白圡良之氏
    日本コカ・コーラ マーケティング本部 IMC iMarketing マネジャー 越智麻央子氏
    Twitter Japan ブランドストラテジー マネージャー 橋本昇平氏
    日本マクドナルド マーケティング本部 ナショナルマーケティング部 マネージャー 山野邊普人氏

国内の月間利用者数が4500万人を超えるTwitterは、消費者と企業をつなぐ代表的なプラットフォームだ。企業のソーシャルメディア活用を支援するユニークビジョンの白圡良之氏は、Twitterにおいて効果的なコミュニケーション手法のひとつとして「インスタントウィン」の活用法を解説した。

インスタントウィンは、ユーザーが簡単に参加できる手軽さや懸賞当選への期待感から、ファンの獲得、商品情報の拡散、購買促進に効果的として多くの企業のキャンペーンに取り入れられている。急速にユニークユーザー数を伸ばしており、2017年2月から10月までの8カ月間で、1キャンペーンあたり14倍に増えたという。

講演には先進企業3社のマーケターが登壇。各社のインスタントウィン活用法が紹介された。

今後の展望について、白圡氏は、「インスタントウィンで得られたユーザーのデータを次なる施策に生かすことで、より精度の高いマーケティングが可能になる」と力を込めた。

セブン-イレブン・ジャパン
商品本部 販売促進部 メディア広告企画担当
大石健司氏

ユニークビジョン
代表取締役
白圡良之氏

日本コカ・コーラ
マーケティング本部 IMC iMarketing マネジャー
越智麻央子氏

Twitter Japan
ブランドストラテジー マネージャー
橋本昇平氏

日本マクドナルド
マーケティング本部 ナショナルマーケティング部 マネージャー
山野邊普人氏

    お問い合わせ

    E-mail:info@uniquevision.co.jp


効果的なコンテンツマーケティングは施策横断的な効果測定で実現できる

    講演テーマ

    施策効果の見える、オンラインメディアのタイアップ広告活用法

    登壇者

    QUANT 事業開発部 部長 長谷部竜也氏
    キリン デジタルマーケティング部 主務 行縄 修氏

デジタルマーケティング支援企業のQUANTは、400メディア1000万本の記事の通読状況を分析し、5億IDのオーディエンスデータを保有するコンテンツマーケティングシステム「Quant」を提供している。

同社の長谷部竜也氏は、「タイアップ広告やコンテンツマーケティングは、他のデジタルマーケティング施策と比べて効果測定が曖昧になりがち。『Quant』を活用すれば、読者の属性情報やコンテンツの読了率といったデータに基づき、有効な施策を企画・実行することができる」と話す。

最近、QUANT社との取り組みをスタートした企業のひとつにキリンがある。キリンの行縄修氏は、それに至った背景として、2017年度にビールブランドで行った統合キャンペーンを紹介した。

「ブランド低関与層の興味喚起を目的とした施策。初期接点として、外部メディアとのタイアップ記事による興味喚起を行い、ブランドサイトに誘導、継続的な関係構築を行うための会員登録・SNSフォローへつなげるというシナリオがあった。複数の媒体にまたがるタイアップ記事の効果を、横断的に評価したいと考えた」。

また行縄氏は、デジタル施策は「購入喚起型キャンペーン」と「ブランド広告型キャンペーン」の2つに大別されるとした上で、「キャンペーンによって目的は異なるはず。購買に至るまでの中間指標をトラッキングできる仕組みを構築し、意図していなかった結果からも学んで、次の打ち手に生かすべき」と強調した。

顧客にとっては、どの接点におけるコミュニケーションも、同じひとつのブランドの体験。複数メディアやモーメントを横断して顧客体験を考える必要があり、そこでは施策横断的な効果測定・評価が不可欠だ。

QUANT
事業開発部 部長
長谷部竜也氏

キリン
デジタルマーケティング部 主務
行縄 修氏

    お問い合わせ

    住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル11F
    TEL:03-6427-2091
    E-mail:support@quant.jp
    URL:https://quant.jp/

Pick Up!(PR) の記事一覧

マザーハウスに聞く、社会と共存しながら一人ひとりが成長できる新しい企業経営とクリエイティブの役割
2018年に押さえておきたい重要テーマ「UX設計」「アプリマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「オーディオメディア」「インフルエンサーマーケティング」
2018年に押さえておきたい重要ワード「GIF動画」「スモールマス」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「インスタントウィン」「コンテンツマーケティング」(この記事です)
2018年に押さえておきたい重要テーマ「デジタル動画」「UX改善」
2018年に押さえておきたい重要テーマ「ダイレクトマーケティング」「DX」
デジタルマーケターの8割超が課題視する「組織・人材・スキルの未整備」
顧客エンゲージメント強化には、チャネルやライフステージを越えた体験価値向上が不可欠
雛形あきこさん、大谷優二さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡─情報通信の広告篇
マーケティングROIを高める「顧客データの統合」と「施策横断的な効果測定」
最新Eコマース事例を多数紹介、日本IBM主催セミナーをレポート
最新のデータマーケティング事情 成功のキーワードは「スマートデータ」
顧客体験の質向上には「データドリブン」を実行する組織/仕組みづくりが不可欠
マーケティングの中心となるDMP
ANA・KDDI・ユニリーバ・JIONが登壇、読まれるオウンドメディアのつくり方とは?
ワクワクする体験でプロダクトの価値を伝える─アサヒグループ食品、シャープ、Knotの挑戦
ジェネレーション×インダストリー。ADK、10の専門家集団が予測する2018年。
体感イベントが軸に!新習慣×共感を仕掛ける「KANEBO」の挑戦
靴ブランドKiBERA テレビCMの1/6のコストで売上225%、動画で着用体験を表現
行動パターンからペルソナを描く。位置×範囲×時間で実現する、より深い消費者理解
検索数が300%に増加。ミレニアルが動いた! キールズのコンテンツマーケティング
「質」も「量」も追求する、進化するオールアバウトのコンテンツマーケティング
ロッテ「雪見だいふく」の購入率が向上、レシピ動画の活用方法とは?
アクションにつなげるKFC流のデータ活用マーケティング
旅のオーダーメイドが新たな顧客をつかむ
本当に活用できるデータを増やすためマーケターが実践できること
「周年事業」は社員を巻き込む好機 ビジョンを共に語り、未来に向けた設計図を描く
クオリティにこだわる動画メディア「MINE BY 3M」が、初のCMを放映
相田翔子さん、字和川泰道さんに聞く、パナソニック宣伝100年の軌跡-オーディオの広告篇
花王が動画で新商品を異なる切り口で紹介、広告接触者の理解度が約7倍に
先進企業3社がアドバイス 「MAの選び方と活用方法」--「THE MARKETING NATION SUMMIT2017」レポート
マスとデジタルの組み合わせの最適解は?大手企業が臨む、相乗効果を生む広告プランニング
レシピ動画で地域の特産品をPR、「ふるさと納税」の寄付金が140%に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する