広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

LINE スマートスピーカー、テレビCMで独自メリットを打ち出して商品価値を訴求

LINE

馴染みの薄い商品の価値を出演者のリアクションで伝える

日経MJ「2017年ヒット商品番付」の西の大関にも選ばれたスマートスピーカー。LINE「Clova WAVE」、Google「Google Home」、Amazon「Amazon Echo」など各社から軒並みに発売され、さまざまなメディアで使用体験が紹介された。2017年に発売された家電製品の中で、最も注目を集めた存在といっても過言ではないだろう。

日本において、大手各社の中で先陣を切ったのがLINE「Clove WAVE」だった。ひと足早く10月5日に発売し、全8編のテレビCM「はじめてのClova WAVE」を公開した。タレントやアーティストの城島茂さんや家入レオさん、波瑠さん、新井美羽さんなどが登場し、スピーカーをはじめて体験する様子を描いている。

例えば、新井美羽さんが「Clove WAVE」と「じゃんけん」をしたり、家入レオさんが自身の曲を流してほしいとお願いしたりして、コミュニケーションできることに驚く姿をそのまま紹介した。

今回のプロモーションを手掛けたLINE マーケティングコミュニケーション室/Clova事業企画室の豊田隆久氏は、「まだ日本市場に馴染みの薄いスマートスピーカーが、どのような体験を提供する商品なのか、出演者とのファーストコンタクトを素のリアクションで提供することにしました。出演者と、ターゲットである家庭を持つ20~30代の男女が同じ目線で商品の体験ができるようにする狙いです」と話す …

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

LINE スマートスピーカー、テレビCMで独自メリットを打ち出して商品価値を訴求(この記事です)
広告が嫌がられる時代に、あえてバナー広告で追いかけるキャンペーンを展開
スマートスピーカーとそっくりなドーナツ、グーグルが期間限定ショップをオープン
ヤフーがおそ松さんや仮面女子などとコラボし、フォロー機能の利用促進
「吉野家」と「はなまるうどん」が顧客を互いに送客、お得な定期券をコラボで販売
参加者が変顔を競い合う、キレートレモンが渋谷で行ったサンプリングイベント
樹木希林さんがカードの「化身」に、キャスティングが肝のMastrcardキャンペーン
アラレちゃん、両津勘吉、悟空が登場、『週刊少年ジャンプ』 50周年ポスターが話題
かつて終売した商品を新発売、日清食品の自虐的なキャンペーンが話題
秦基博「ベストアルバム」を、初のオリコン1位につなげたプロモーション企画

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する