広告マーケティングの専門メディア

「 所有したくない」消費意識 シェアリングビジネスとミレニアル世代

大手企業や自治体が、シェアリングビジネス企業との提携を進める

AirbnbやUberなど、ベンチャー企業のイメージの強いシェアリングエコノミーだが、近年は、大手企業の参入や自治体との提携が進んでいる。そこから見えてくる狙いとは。

左から、全日本空輸 代表取締役 副社長 志岐 隆史氏、Airbnb Japan 代表取締役 田邉泰之氏、Peach Aviation 代表取締役 CEO 井上 慎一氏。

若年層の取り込みに期待 航空会社とAirbnbが提携

11月6日、航空会社の全日本空輸とPeach Aviationは、Airbnbとのパートナーシップ契約を結んだと発表。同日から、Airbnbの宿の新規予約で使えるクーポンを提供するキャンペーンをスタートした。

さらに、Peach AviationはCtoC型の旅予約サービス「COTABI」を2018年春に開始すると発表した。従来の旅行プランは、行き先や滞在するホテル、交通手段などがパッケージになっていたが、今回の新サービスではユーザーは実在する「人」から旅を選ぶ …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「 所有したくない」消費意識 シェアリングビジネスとミレニアル世代の記事一覧

「 所有したくない」消費意識 シェアリングビジネスとミレニアル世代の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する