広告マーケティングの専門メディア

NY視察研修ツアーレポート

注目メディア企業、成長を牽引するのは広告コンテンツの企画制作部門

VICE Media、RYOT

1. VICE Media
ミレニアルを魅了するメディア、成長の起爆剤はエージェンシー機能

1994年にカナダ・モントリオールで創業したVICE Mediaは、ファッションや音楽などのカルチャーから、社会問題に国際問題、独自の視点で切り込んだジャーナリズムまで幅広いテーマの番組を、Webサイト、大手テレビ局、NetflixをはじめとするOTTプラットフォームなどさまざまなチャネルで配信している。

1日当たり約960万人の視聴者にリーチし、特に18歳から34歳までの若者、いわゆるミレニアル世代から絶大な支持を集めている。

「私たちが追求しているのは、これまでに語られていないストーリーだ。もしすでに語られているものなら、違う角度から語りたい。『VICEを見て初めて知った』『そんな考え方もあるのか』と世界中の若者に感じてもらいたい」とグローバル・ゼネラル・マネージャーのホシ・サイモン氏は話す。現在36の国と地域に支社があり、3000人の社員が働く。平均年齢はなんと26歳だ。

収益の柱は大きく2つ。テレビ局などに対するコンテンツ販売と、ブランド広告主から依頼を受けた広告コンテンツの制作・配信だ。社内に「VIRTUE」というクリエイティブエージェンシー部門があり、セールスから企画・制作まで完全に内製化している。

「米国内では、VICEはミレニアル世代の3分の1に毎日リーチしている。1日あたりの視聴時間はCNNの2.2分に対してVICEは2.6分と、主要メディアでは最長だ。リーチが難しい世代に対して大きな影響力を持つため、広告費は高額ながら、多くのクライアントからの支持を得ている」 …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

NY視察研修ツアーレポート の記事一覧

デジタル時代、グローバルエージェンシーの優位性はどこにある?
注目メディア企業、成長を牽引するのは広告コンテンツの企画制作部門(この記事です)
行き着く先は、もはや「広告会社」ではない─急成長中エージェンシー3社に注目
デジタルの予言者が説く イノベーション×クリエイティブの近未来
マーケター必見、米国広告界の最新動向をとらえる8つのキーワード

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する