広告マーケティングの専門メディア

NY視察研修ツアーレポート

マーケター必見、米国広告界の最新動向をとらえる8つのキーワード

デジタルインテリジェンス ニューヨークオフィス 榮枝洋文

世界の広告・マーケティング界の最先端を行き、新しい概念や手法が生み出されるアメリカ。宣伝会議「Business Creation Lab. 2017 in New York」は、アメリカ広告業界の最新トレンドを概観するレクチャーからスタートした。講師を務めたのは、デジタルインテリジェンス ニューヨークオフィス代表の榮枝洋文氏。6日間にわたる現地企業の視察から、実務に役立つヒントをより多く得られるよう、前提となる業界全体の動向を8つのポイントに分けて解説した。

1. インセンティブ型収益モデルの登場

米国の広告会社の収益モデルとして、広告の成果に応じて報酬額が増える「インセンティブ型」が広がりつつある。効果測定の手法はまだ手探りで、キャンペーン効果を第三者機関で測定するケースもあれば、広告主側が商品売上高などの情報を開示するケースもある。

2. vMVPDの台頭

「vMVPD」とは、スマートフォンを含むインターネット経由でテレビ局コンテンツを生放送するサービスで、サービス利用者は全米で約500万世帯と、8000万世帯に達するケーブルテレビに比べればまだ少ない。しかし、大手テレビ局がvMVPDサービス事業者と連携し始めていること、また広告主が持つ巨額のテレビ広告予算がvMVPDに移行し始めていることは注目に値する。

3. 広告景気とコンサル系エージェンシーの実態

アメリカおよびグローバルの広告景気は明らかに停滞している。消費財メーカーの売上が減り、広告費用も縮小していることが大きな要因だ ...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

NY視察研修ツアーレポート の記事一覧

デジタル時代、グローバルエージェンシーの優位性はどこにある?
注目メディア企業、成長を牽引するのは広告コンテンツの企画制作部門
行き着く先は、もはや「広告会社」ではない─急成長中エージェンシー3社に注目
デジタルの予言者が説く イノベーション×クリエイティブの近未来
マーケター必見、米国広告界の最新動向をとらえる8つのキーワード(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する