広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

人の五感に働きかけた、エモーショナル・ブランディングの成功事例3選

人々の五感に働きかける体験・経験を提供することで、ブランドを忘れられない存在にするエモーショナル・ブランディング。カテゴリーを問わず、どんなブランドにも必要な考え方です。ここでは3つの事例を通して、成功のポイントを考えます。

    case 01 ジャガー・ランドローバー・ジャパン
    「Jaguar Musicdrome」

    スポーツカー、そして高級車の代表としてその名を誇るジャガーが、ブランドを象徴しその性能を紹介する「THE JAGUAR WEEK」を開催し、その会場でジャガー初となるSUV「F-PACE」を発表しました。

    ジオメトリー・グローバル・ジャパンはそのイベントの立案・実施を担当しました。

    ジャガーの走行パフォーマンスは、運転者の乗り心地の快適さを満足させ、セクシーでアートとも形容されます。その魅力を圧倒的な迫力で感じてもうために、F-PACEの独自性をダイナミックに表現するアイデア「MUSICDROME」を生み出しました。

    高さ6メートル、最大直径15メートルの円形競技場を、F-PACE自身がターンテーブルの針となり、走行中のセンサリングによって音楽を演奏するアートパフォーマンスです。
    (ジオメトリー・グローバル・ジャパン 三寺雅人氏) …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する