広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

民放連、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で放映する主要種目発表

明石庸司

「gorin.jp」の予告サイト。

長野以来の開催となる時差なし大会

来年2月開幕の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックまで3カ月を切り、民放・NHKの放送準備も佳境を迎えている。民放連はこのほど、民放地上テレビで放送する主要中継種目を発表。併せて民放共同オリンピックサイト「gorin.jp」の概要も発表した。

韓国で2月9日に開幕する平昌大会は、日本にとって地球の真裏のブラジルで、時差12時間で開催された昨年のリオ大会から打って変わり、1998年の長野大会以来の時差のない冬季五輪となる。

民放テレビ各系列は競技が開始される午前10時前後から終了する午後11時台まで、日本選手の活躍が期待される種目を中心に連日生中継を行う。総放送時間は地上テレビが約150時間を予定。長野大会を除く冬季大会としては過去最大規模となる見込みだ。キー局系の民放BS5社も、地上テレビの生中継の翌日にハイライトを合計28時間放送する。

民放テレビ各系列では、大会前日の2月8日の「開幕特番&スキージャンプ 男子個人ノーマルヒル 予選」から始まり、今大会注目のスピードスケートでは、女子500m(TBS ※1 2月18日19時~)、女子1500m(テレビ東京 2月12日20時~)、女子・男子団体パシュート決勝(日本テレビ 2月21日19時~)など、メダルが期待される種目の中継を予定 ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

広告業界 11月の注目ニュース早分かり、カンヌが大幅刷新を発表ほか
人口減少社会-伝統工芸の後継者問題-
エキシビジョン「モーターショー」が描く未来図
印刷・プロモーション業界は難しい舵取りを問われる局面へ
駅をショールームやポップアップストアに
本格化する「聞く」新聞
民放連、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で放映する主要種目発表(この記事です)
人工知能ビジネスの現状とVR/AR市場動向─CEATECのセッションから
第47回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞など入賞作品発表
広告業界 10月の注目ニュース早分かり、アドベリフィケーション推進協議会設立ほか
2020年に先立ちスペシャルオリンピックス日本がやってくる!
メディア間の競争を勝ち抜くため交通広告の媒体社が協業
社内の資産を生かした新規事業推進、協業、広告活性化
2017〜18年度のテレビ、ラジオ営業収入見通し改訂
米国OTT市場の新たな動向
EXPO2020 ドバイ UAEへ向けて
「2017リテール・プロモーション・アワード」決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する