広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

「吉野家」と「はなまるうどん」が顧客を互いに送客、お得な定期券をコラボで販売

吉野家/はなまるうどん

「吉野家⇔はなまる はしご定期券」ポスター。

「吉野家⇔はなまる はしご定期券」実物。

新規顧客の獲得と既存顧客の活性化を狙う

牛丼やうどんを日常的に食べる人にとって、得をするキャンペーンが9月1日からスタートした。牛丼チェーンの「吉野家」で丼・定食・カレーなどが80円引きになり、うどんチェーンの「はなまるうどん」で、うどん1杯ごとに天ぷらが1品無料になる「吉野家⇔はなまるはしご定期券」の販売がスタートしたのだ。

定期券の価格は300円。1度購入すれば、9月15日から10月23日までの約40日間、何度でも使うことができる。「吉野家」であれば期間中に4回食べれば、「はなまるうどん」であれば天ぷら1品を100円と考えると3回食べれば、もとをとれる計算だ。両チェーン店に通う人からすると、1週間もあれば、もとがとれてしまう。そのお得さから、ネットメディアやSNS上で話題になった。

この定期券の目的は、同じ吉野家ホールディングス内の「吉野家」と「はなまるうどん」のチェーン店同士で、顧客を送客し合うことにある。もともと「はなまるうどん」では2016年から、今回と同じく、うどん1杯ごとに天ぷら1品が無料になる「天ぷら定期券」を発売していた。2017年春の実施時には、300円の定期券が約13万枚も売れる好評さだ。この実績を受けて、吉野家も巻き込んでコラボレーションする企画に至った ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーン の記事一覧

ヤフーがおそ松さんや仮面女子などとコラボし、フォロー機能の利用促進
「吉野家」と「はなまるうどん」が顧客を互いに送客、お得な定期券をコラボで販売(この記事です)
参加者が変顔を競い合う、キレートレモンが渋谷で行ったサンプリングイベント
樹木希林さんがカードの「化身」に、キャスティングが肝のMastrcardキャンペーン
アラレちゃん、両津勘吉、悟空が登場、『週刊少年ジャンプ』 50周年ポスターが話題
かつて終売した商品を新発売、日清食品の自虐的なキャンペーンが話題
秦基博「ベストアルバム」を、初のオリコン1位につなげたプロモーション企画
新聞が「折り紙」に変身、話題を集めたKINCHO広告の狙いとは?
ロッテ、羽生結弦さんなど「20代のヒーロー」とコラボで世界に一つだけのガム発売
ニベア花王、部活に励む「女子中高生」に寄り添うSNS写真投稿コンテストを開催
「かいけつゾロリ」30周年を期に親子2世代キャラクターへ成長させる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する