広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本

「五感でつくる、ブランド体験」の成功事例

ブランドを体現し、その場に訪れる人に良い体験を提供している優れた空間クリエイティブの事例を紹介します。

    case 01 日本財団パラリンピックサポートセンター

    東京2020パラリンピックに向け発足した、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)。キーメッセージ「i enjoy!~楽しむ人は、強い~」を核にブランディングを行いました。空間デザインだけでなくコンセプトムービー、ポスター、サインデザイン、Webサイト、ユニフォームなど統合的に取り組んだ事例です。

    さまざまなステークホルダーを含めたコミュニティのプラットホーム、いわば社会全体を巻き込んだ「活動体」になるようなブランド体験設計を行っています。フィロソフィーに共感した人々の集う場としてブランドがあり、そのリアルなコミュニケーションの場として空間デザインのディレクションを当社で行いました。(1→10(ワントゥーテン) 引地耕太氏)

    case 02 星のや(星野リゾート)

    ホテルはまさに体験を売る場所です。星のやは日本発のラグジュアリーホテル。各地ごとにコンセプトが設定されているのですが、コンセプトを基に付加価値を与えている施設が素晴らしいです。例えば軽井沢にある「星のや軽井沢」では"集落"というコンセプトの下、従業員も集落の一員、宿泊客は都会を離れてその集落への訪問者と考えられています ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する