広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

ブリヂストンの元CEOが伝授するグローバル時代のリーダーシップ論

荒川詔四

優れたリーダーはみな小心者である。
● 編著者/荒川詔四
● 発行所/ダイヤモンド社
● 価格/1500円(税抜)

日本が世界に誇るグローバル企業、ブリヂストンのCEOとして14万人の従業員を率い、競争の激しいタイヤ業界において"超強気"の経営を展開、大改革を成し遂げた荒川詔四氏。本書は、そんな同氏が自身の経験を元に、グローバルで通用するリーダーシップの鉄則をまとめた一冊だ。

「内向的で繊細な人物のほうが、優れたリーダーになる可能性を秘めている」とし、従来の「豪胆で図太い人物」=「強いリーダー」という図式を真っ向から否定する。人間心理・集団心理を深く捉えた上で構築されたリーダー論は、小さなチームから大組織まで、どこでも通用する。

「心配性こそ『先見性』のもと」「『不安』だから思考が深くなる」「『小心な楽観主義者』が最強である」「『臆病さ』を笑う者は必ず失敗する」「『最悪の事態』を常に心配する」「『部下』の痛みに敏感であれ」―こうした「リーダーシップ論」を提示し、「繊細さ」を束ねて、真に「強靭なリーダー」になるための働き方・生き方を伝授する ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

ブリヂストンの元CEOが伝授するグローバル時代のリーダーシップ論(この記事です)
成熟市場において不可欠な「魅力創出」ーその基盤となる方法論を解説
ビジネス統計学を過信することなく正しい判断の基準とするための指南書
マーケティング、そしてビジネスの実務に ブランドのインサイトをどう生かすか
最新技術とそれによって得られる情報を、いかに顧客創造・顧客満足につなげるか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する