広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

社内の資産を生かした新規事業推進、協業、広告活性化

宮浦 慎

各社の特徴を生かした施策のあり方に注目

販売・広告収入が落ち込む中、新聞社は社内やグループ企業の資産を生かし、広告の活性化、新規事業創出、外部企業と協業の推進に取り組む。信頼性や発信力、業務の多様性を生かした事業展開を進めるため、新組織も生まれている。

朝日新聞社は2016年5月、広告局をメディアビジネス局に改組し、併せて独立した総合プロデュース室を新設した。メディアビジネス局への改称により、新聞広告、デジタル、文化・スポーツ・教育事業、出版、イベントなど、本社とグループ企業の資産を活用した多様な商品を扱い、クロスメディア化の流れを加速させる。総合プロデュース室はその新たなコミュニケーション商品の「企画開発」部隊となる。

これまで、総合プロデュース室が手掛けた企画として、健康機器大手オムロンヘルスケアと進める健康増進企画「BP365」がある。毎日血圧を測ることで、健康な生活を送ろうというキャンペーンだ。10月にキックオフイベントを開催し、継続的なコミュニケーションの場としてオウンドメディア「自測自健」も開設した。広告主の課題解決だけでなく、社会の課題解決まで視野に入れた企業を展開していくという。

総合プロデュース室の強みのひとつが、「コミュニティ」だ。朝日が展開するシニア層向けの「Reライフ」、子育て世代対象の「WORKO!」、ペット愛好家向けの「sippo」などのターゲットメディアを活用し、商品・サービスに関するアンケートや体験モニターの実施なども請け負う。担当者は「『オーディエンスデータ』として活用することがさらなる収益化の鍵となる」と話す ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

人工知能ビジネスの現状とVR/AR市場動向─CEATECのセッションから
第47回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞など入賞作品発表
広告業界 10月の注目ニュース早分かり、アドベリフィケーション推進協議会設立ほか
2020年に先立ちスペシャルオリンピックス日本がやってくる!
メディア間の競争を勝ち抜くため交通広告の媒体社が協業
社内の資産を生かした新規事業推進、協業、広告活性化(この記事です)
2017〜18年度のテレビ、ラジオ営業収入見通し改訂
米国OTT市場の新たな動向
EXPO2020 ドバイ UAEへ向けて
「2017リテール・プロモーション・アワード」決定
見えないものが見える、OOH広告!?
起業支援で地域活性化に寄与する地方紙
テレビCMのオンライン運用が10月から開始
9月の広告業界ニュース早わかり、新聞広告大賞ほか
急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する