広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

2017〜18年度のテレビ、ラジオ営業収入見通し改訂

明石庸司

地上波テレビ営業収入見通し総括表

※衛星系を除く

2016年度テレビ・ラジオは5年連続増収

民放連研究所はこのほど、2017年度と2018年度のテレビ・ラジオの営業収入見通しを発表した。2017年度のテレビ営業収入は1.0%減、ラジオは2.2%減といずれも減収を予測。2018年度はテレビが0.3%の微増、ラジオが0.9%減と減収の継続を予測した。

今回の見通しは、今年1月に発表した「見通し」の改訂予測で、7~8月までの実測値とアンケート調査による8月時点の民放各社の予測値を基にしている。

前年の2016年度の実績は、テレビ営業収入が1.4%増と5年連続の増収となった。内訳では東名阪1.6%増、ローカル0.8%増、独立局1.8%増といずれも増収。スポットが全体で1.6%増と比較的堅調で、タイムは0.1%増とほぼ横ばいの水準だった。

2017年度テレビは下方修正の予測 ラジオはスポット反動減

2017年度のテレビ営業収入は年初予測の0.4%増から下方修正して、1.0減の減収に転じると予測した。東名阪1.0%減、ローカル1.1%減、独立局0.0%といずれも下方修正 ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

人工知能ビジネスの現状とVR/AR市場動向─CEATECのセッションから
第47回日本プロモーショナル・マーケティング協会展 経済産業大臣賞など入賞作品発表
広告業界 10月の注目ニュース早分かり、アドベリフィケーション推進協議会設立ほか
2020年に先立ちスペシャルオリンピックス日本がやってくる!
メディア間の競争を勝ち抜くため交通広告の媒体社が協業
社内の資産を生かした新規事業推進、協業、広告活性化
2017〜18年度のテレビ、ラジオ営業収入見通し改訂(この記事です)
米国OTT市場の新たな動向
EXPO2020 ドバイ UAEへ向けて
「2017リテール・プロモーション・アワード」決定
見えないものが見える、OOH広告!?
起業支援で地域活性化に寄与する地方紙
テレビCMのオンライン運用が10月から開始
9月の広告業界ニュース早わかり、新聞広告大賞ほか
急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する