広告マーケティングの専門メディア

コンテンツマーケティング

niko and...の「今」を伝える、スピードを意識したコンテンツ施策

楢崎正彦(アダストリア)

コンテンツマーケティングを実践する部門はマーケティング、宣伝だけでなく広報やCSRなど企業内でも多岐に渡ります。ここでは広告・マーケティング領域に留まらない、コンテンツ活用の取り組みケースを紹介していきます。

ブランドの「今」を伝えることを重視し、更新頻度にこだわって運営。

ECサイトと表裏一体の関係 オウンドメディアもあって理解が深まる

アダストリアが展開するライフスタイルブランドの「niko and...(ニコアンド)」は、ウィメンズアパレルと生活雑貨から始まったブランドです。現在ではメンズアパレルから家具・雑貨、飲食までライフスタイル全般へとブランド展開しています。

昨年よりブランドのタグラインとして「であう にあう」という言葉を掲げ、お客さまが新しいものに出会い、時間が経つにつれてだんだん自分になじんでいく、そんなモノやコトを提供するブランドを目指しています。私はニコアンドのブランドプレスとして、ブランドサイトの運営にも携わっています。

ブランドサイトを立ち上げたのは今年3月。ニコアンドの今の姿を少しでも多くの人に知って欲しい、と思ったことがきっかけです。ブランドコンセプトをリアルに表現できているのは、原宿にある東京店 ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コンテンツマーケティング の記事一覧

琉球銀行、オンライン×オフライン統合で体験をつくる
レキットベンキーザー・ジャパン、エデュケーションメディアとしてオンライン動画を活用
話題沸騰、クレディセゾンの自社アイドル「東池袋52」が生まれた裏側
KDDI「TIME&SPACE」、真面目にふざけるコンテンツで興味喚起
岡村製作所、「働き方改革」の文脈でオフィス機器を発信
niko and...の「今」を伝える、スピードを意識したコンテンツ施策(この記事です)
本田技研工業、自社キャラクター「リーフェル」を活用した社内外への発信
味の素、分散型メディアを活用した新たな価値づくり
大和証券、身近な話題で子育て世代に接点をつくる「SODATTE」
ぺんてる、「ブログ」を活用して開発者とファンの声を広める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する