広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

『3つの「I」』で新しいコトを興す

数々のヒット商品を生み出してきたサントリー。2017年3月までサントリー食品インターナショナルで執行役員 グローバル次世代事業開発部部長を務めていた、北川氏にそのポイントを聞いた。

サントリーグループのヒット商品の歴史と北川氏のキャリア。

1994年にサントリー(当時)が発売した日本初の発泡酒『ホップス〈生〉』は第3のビール市場を広げる起爆剤だった。北川氏自身の代表作と言える。開発に際し、消費者の"ビールより焼酎の方が安い"という真のインサイトに着目。麦芽技術65%で、ビールよりも安価な発泡酒という新しい文化を開拓した。「あえて発泡酒を選ぶ」という世界観の構築が成功の秘訣。テスト販売の翌年には1000万ケースを超えるヒット商品となった。

北川氏が他に手掛けた飲料品は、缶コーヒーの『BOSS』、スポーツドリンクの『DAKARA』など多岐にわたる。「インサイトは人間の本能・本音に近いところにあると思います。そこへいかに迫れるかが、商品開発の最大の要素と言えます」(北川氏) ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

『3つの「I」』で新しいコトを興す(この記事です)
「中国越境EC」で大ヒット 消費者目線でのファンづくりで成功
「独自のシナジー」で観光市場を開拓し、メディア戦略で成長する
周りが成功していない今がチャンス 外国人に響くプロモーション
ブランドバッグのシェアリングサービス「LAXUS」、女性の「本音」をつかみ急成長
伝統産業が米国へ進出するポイント 現地ネットワーク・ノウハウがカギ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する