広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

見えないものが見える、OOH広告!?

吉田勝広(オリコム)

次世代印刷技術を使い花火大会の風景再現

NTTドコモは9月4日から1週間、東急田園都市線渋谷駅のOOH広告を展開した。高さ約2m、幅約20mにわたる大型ボードの広告は、全面光沢がある黒い色で白い文字が書かれたモノトーン調のデザインだ。両端には「SHIBUYAに花火の新名所!?フラッシュ撮影で花火を打ち上げてシェアしよう #スマホ花火大会」とあった。試しにフラッシュ撮影をすると、驚いたことに色鮮やかな花火が写っていたのである(写真1・2)

写真1

写真2
フラッシュ撮影すると花火が見えた

よく見ると「隅田川花火大会」など全国80カ所以上の花火大会の名称が書いてあり、各地の花火を再現していた。大会名称の上には電波状態良好のアンテナマークが。「つながりたい想いが集中する花火大会でも、ドコモは移動基地局車を出動させて快適なネットワークを実現させています。」というキャッチフレーズも記されてあったが、それを理解させる上手い表現である ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

米国OTT市場の新たな動向
EXPO2020 ドバイ UAEへ向けて
「2017リテール・プロモーション・アワード」決定
見えないものが見える、OOH広告!?(この記事です)
起業支援で地域活性化に寄与する地方紙
テレビCMのオンライン運用が10月から開始
9月の広告業界ニュース早わかり、新聞広告大賞ほか
急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?
OOHメディアのネーミングライツ活用
新聞社に新たな風を ベンチャー企業との協業・投資進む
NHK 受信料制度の行方は?─検討委が答申
第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する