広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

テレビCMのオンライン運用が10月から開始

明石庸司

2014年からの検討が実を結んだテレビCMのオンライン運用

テレビCM素材のオンライン運用が10月から開始される。ビデオテープやカードディスクなどの「現物」による素材搬入を行ってきたテレビCMのオンライン運用化は大きな変化と言える。10月2日から一部の局で受け入れを開始し、最初の素材は6日にもオンエアとなる予定だ。

マスメディアの広告素材送稿のオンライン化は新聞、雑誌の紙媒体で先行。今年4月からはラジオでもオンライン運用が開始され、早ければ来年度にも完全移行する見込みとなっている。

テレビCMのオンライン運用は、日本広告業協会(業協)と日本民間放送連盟(民放連)が共同で2014年から検討を重ねてきた。技術的な課題に加え、運用方法の仕組みについて検討が行われ、昨年11月には「オンラインCM搬入暫定基準」が策定された。今年7月からは運用のテストと検証が行われてきた。

10月2日の運用システム稼働からオンラインでの送稿を受け付けるのは、在京テレビ5社。東京、名古屋、大阪に加え、北海道、東北、九州の計21社が10月中に受け入れを開始する。11月以降さらに21局が加わり、今年度末には計42局が受け入れ可能となる予定だ。また、2018年度上期には20局前後の追加が想定されており、累計60局以上となる見込みだ。

テレビCM素材の搬入はHDCAM、HDCAM-SRのビデオテープ、2011年7月から運用が開始されたファイルベース(XDCAMディスク、P2カード)メディアの運用とオンライン運用の3つの形態が並行して行われることになる。

CMのオンライン運用のメリットについて業協は以下の3点を挙げる ...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

米国OTT市場の新たな動向
EXPO2020 ドバイ UAEへ向けて
「2017リテール・プロモーション・アワード」決定
見えないものが見える、OOH広告!?
起業支援で地域活性化に寄与する地方紙
テレビCMのオンライン運用が10月から開始(この記事です)
9月の広告業界ニュース早わかり、新聞広告大賞ほか
急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?
OOHメディアのネーミングライツ活用
新聞社に新たな風を ベンチャー企業との協業・投資進む
NHK 受信料制度の行方は?─検討委が答申
第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する