広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

カザフスタンと国際博覧会

穂苅雄作氏(一般社団法人 日本イベント産業振興協会)

アスタナのシンボルタワー「バイテレク」

カザフスタン共和国の首都アスタナの発展

9月号に続き、国際博覧会について述べたい。カザフスタンは、1991年にソビエト社会主義共和国連邦から独立した共和国である。ロシア、中国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと国境を接する内陸国であり、国土面積272万平方キロは世界第9位を誇る。石油、天然ガス、ウラン、レアメタル、レアアースなど豊富な地下資源は経済成長の原動力だ。

その首都アスタナでは、英国の著名な建築家ノーマン・フォスターによる巨大なテント状の「カーン・シャティール・娯楽センター」や「平和のピラミッド」、市内を一望できるシンボルタワー「バイテレク」など、次々と斬新な建造物が建設され、世界でも類を見ない成長を続けている。このような活況を呈している資源国・カザフスタン共和国にとって、「国際博覧会」とはどのような意味を持っているのだろうか ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会(この記事です)
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?
OOHメディアのネーミングライツ活用
新聞社に新たな風を ベンチャー企業との協業・投資進む
NHK 受信料制度の行方は?─検討委が答申
第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表
屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設
共感の時代こそ、選ばれることに価値がある―「第56回JAA広告賞」
NHKのネット同時配信めぐり波紋
新聞業界ニュースダイジェスト!
分散型動画メディアと中国市場─ Advertising Week Asiaに参加して
第3回JACEイベントアワード 受賞作品から見えるもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する