広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

OOHメディアのネーミングライツ活用

オリコム 吉田勝広氏(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

スパイダーマンがあたかもその場にいるかのような演出

2017年7月15日、渋谷モディ壁面の大型ビジョン「ソニービジョン渋谷」には、目の前のスクランブル交差点をビルの上から映すリアルタイム映像が見えた。すると、スパイダーマンがモディのビルの壁面をよじ登ったり、渋谷の街を行き交う人々の頭上を敵とともに飛び回ったりするなど、さまざまな映像が見られた。映画「スパイダーマン:ホームカミング」のプロモーション映像だったが、あたかもその場にいるかのような演出で見事なつくりだった(写真1)

写真1 「ソニービジョン渋谷」、映画スパイダーマンの特殊映像を放映。

ソニーは渋谷モディオープン時にこの大型ビジョンのネーミングライツ(命名権)を取得している。「グループが有する映像コンテンツやテクノロジーを通じて、チャレンジ精神や遊び心にあふれたブランドイメージ、およびメッセージを発信していくとともに、従来の大型ビジョンの使い方に捉われず、街や来街者とつながることのできる新しいコミュニケーション媒体として、さまざまな形で活用していく」としていたが、それを具現化した実例の一つだろう ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?
OOHメディアのネーミングライツ活用(この記事です)
新聞社に新たな風を ベンチャー企業との協業・投資進む
NHK 受信料制度の行方は?─検討委が答申
第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表
屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設
共感の時代こそ、選ばれることに価値がある―「第56回JAA広告賞」
NHKのネット同時配信めぐり波紋
新聞業界ニュースダイジェスト!
分散型動画メディアと中国市場─ Advertising Week Asiaに参加して
第3回JACEイベントアワード 受賞作品から見えるもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する