広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

新聞社に新たな風を ベンチャー企業との協業・投資進む

宮浦 慎氏

先行投資や自社資産の活用など ベンチャーとの新聞各社の取り組み

長い歴史を持つ新聞社に新たな空気を取り入れようと、ベンチャー企業との連携が本格化している。協業の推進、起業支援、出資や投資会社の設立など、さまざまな取り組みが行われているが、先端技術や斬新なアイデアを持つ新興企業との「オープンイノベーション」によって、メディア環境の変化に対応するという狙いは共通する。新聞社の資産を生かした新事業を育てる動きのほか、将来のメディア環境を見据えた先行投資の試みもある。

読売新聞東京本社は2016年6月に社長直属のクロスメディア部を設置した。今年5月にスポーツデータの分析を手掛けるデータスタジアム社に出資した。事業開発、巨人軍の増収策、データ解析を生かしたスポーツ報道などを検討している。取材・販売網といった自社や、巨人軍や旅行・出版事業などのグループ企業の経営資源と、ベンチャー企業の技術やアイデアを組み合わせ、新たな収益事業を生み出すことがクロスメディア部のミッションのひとつだ。

スポーツニッポン新聞社も2015年から、ベンチャーと大企業のマッチングサービスを行う「Creww社」との連携をきっかけに新興企業との協業を進める。音声読み上げアプリの「Voicy社」、リアル宝探しゲームを簡単に運営できるアプリの「UNLOCKS社」、テレビ電話のオンラインによるメンタルカウンセリングサービスを提供する「エクセリーベ社」など、さまざまな新興企業との協業が実現した ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

急拡大する、中国ネット動画の可能性
カザフスタンと国際博覧会
プロモーションの原点 トレードリレイションズ活動が揺らいでいる⋯?
OOHメディアのネーミングライツ活用
新聞社に新たな風を ベンチャー企業との協業・投資進む(この記事です)
NHK 受信料制度の行方は?─検討委が答申
第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表
屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設
共感の時代こそ、選ばれることに価値がある―「第56回JAA広告賞」
NHKのネット同時配信めぐり波紋
新聞業界ニュースダイジェスト!
分散型動画メディアと中国市場─ Advertising Week Asiaに参加して
第3回JACEイベントアワード 受賞作品から見えるもの

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する