広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

カンヌライオンズ2017に見る「現代的」問題へのチャレンジ

ここ数年では珍しく、新部門の設置などのトピックがなかった今年のカンヌライオンズ。ここでは、インテグレーテッド部門、プロモ&アクティベーション部門、グラス部門、PR部門、チタニウム部門、データクリエイティブ部門、ダイレクト部門、サイバー部門のグランプリ受賞作を紹介する。現代の世界が抱える根源的な課題に挑戦した広告・キャンペーンが多く見られた。

01 インテグレーテッド部門・プロモ&アクティベーション部門
グランプリ
国民の政治参加促進と、ブランドイメージ強化を両立

ブースト・モバイル「BOOST YOUR VOICE」


日本ではmineoやUQ mobile、TONEモバイルなどが知られるMVNO(仮想移動体通信事業者)。米国のMVNOの一つであるブースト・モバイルが、2016年11月8日の米大統領選挙投票日に実施したキャンペーンが、インテグレーテッド部門およびプロモ&アクティベーション部門でグランプリを受賞した。

若年層を中心に投票率の低さが問題視され続けている日本。それに対し、欧米は一般的に政治への関心が高いと言われているが、民主主義・選挙支援国際研究所(IDEA)などが発表している各国の国政選挙の投票率を見ると、米国は先進諸国の中でも投票率が低い国であることがわかる。

特に低所得者層の投票率が低く、その原因として、「住んでいる場所から投票所までが遠い」「投票所の待ち時間が長い」といったことが挙げられる。オバマ前大統領が選出された2012年の選挙時も、1000万人もの投票者が長蛇の列をつくり、長いところで7~9時間待たされた人もいるという。

低所得者やマイノリティが暮らすエリアは税収が少なく、投票所や運営スタッフの確保が困難であることから、多くの人が遠方の投票所に足を運ばねばならず、また少ない投票所に人が集中するため混雑する。これが投票率の悪化につながるというわけだ。

そこでブースト・モバイルは、大統領選投票日、数百におよぶ自社の店舗を臨時の投票所として登録・開放した。加えて、投票を促すイベントを実施し、最寄りの投票所(店舗)を調べられるアプリも開発した。その結果、キャンペーン実施エリアにおける投票率を23%向上(全米平均6.6%向上)させる成果を挙げた。

社会的弱者にインフラを提供し、彼らが持つ権利を行使できるよう後押ししたのである ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

カンヌライオンズ2017に見る「現代的」問題へのチャレンジ(この記事です)
広告効果を評価する アジア太平洋エフィー賞の結果に注目
世界三大広告賞の一つ「ONE SHOW」2017の結果が発表に
アドフェスト2017に、アジアの秀逸広告が集結!
サウス・バイ・サウスウェスト2017 編集部注目のスタートアップ5選
スーパーボウル2017 大手企業だけじゃない!スタートアップ企業も大健闘

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する