広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

店頭での購買行動の解析に「感覚マーケティング」を生かす

『感覚マーケティング─顧客の五感が買い物に影響を与える』
A.クリシュナ(著)、平木いくみ、石井裕明、外川 拓(翻訳)

五感ごとに項目がまとまっているため、どの感覚がどう影響を与えているのかが理解しやすい。感覚マーケティングに初めて触れる方向けのわかりやすい一冊。

企業と協力して取り組み消費者行動を明らかにする

私たちが日々五感を通じて受け取る情報は、私たちの消費行動にどのような影響を与えているのだろうか。

成蹊大学 経済学部 准教授 石井裕明氏の主な研究テーマは、五感を活用した感覚マーケティング。これまで本分野では主に視覚や聴覚の研究が進んでいた中で、同氏は現在「触覚」に関する研究を行っている。

「『重さ』の研究は5年ほど行っています。最近は重さの違う紙コップにオレンジジュースを注いだとき、味に違いを感じるかなどの実験を行いました。この実験では重い紙コップに注がれたオレンジジュースの方が、『味が濃い』と感じた人が多かったのです。こうした五感に与える刺激が、消費者行動にどのような影響を与えているのかの研究を行っています」 ...

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

店頭での購買行動の解析に「感覚マーケティング」を生かす(この記事です)
質の高い観光が地域のファンを生み出す 観光の力で地域ブランドを育てる
恩恵の裏にある事象を読み取る AIと個人の尊厳に関する問題点とは
机上のマーケティングでは地域の価値は伝えられない
「遊び」から学ぶ物事のシンプル化 制限を設けることで負荷を最適化する
高品質物流サービスの国際展開を目指して

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する