広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

ビジネス統計学を過信することなく正しい判断の基準とするための指南書

激わかる!実例つき
ビジネス統計学

● 監修/石井俊全
● 発行所/実業之日本社
● 価格/1600円(税抜)

マーケティングにおいてビッグデータの活用が重視される昨今、戦略や各施策の精度を高め、ビジネス上の成果につなげる目的で、統計学への注目が高まっている。

本書の著者である石井俊全氏は、「マーケティング戦略を立てる上で、過去・現在のデータを正しく把握することは必須でしょう。例えば50人にA・Bという2つの商品に関して好きか嫌いか5段階(1:とても嫌い~5:とても好き)のアンケートを取り、商品Aの評価の平均は4.5、商品Bの評価の平均は3.3だったとします。商品Aの評価の平均のほうが高かったのですが、この結果だけを見て、マーケット全体で『商品Aのほうが好まれている』と判断してよいのでしょうか。50人というのは、市場全体から見ればごく一部分。アンケート対象として、たまたまAが好きな人が多い50人を選んでしまっているかもしれません。また、A・Bの市場での評価が全く同じだとしても、アンケートの評価がぴったりと同じになることはないでしょう ...

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

ビジネス統計学を過信することなく正しい判断の基準とするための指南書(この記事です)
マーケティング、そしてビジネスの実務に ブランドのインサイトをどう生かすか
最新技術とそれによって得られる情報を、いかに顧客創造・顧客満足につなげるか
「優れたモノづくり」だけでは生き残れない時代、技術者にも顧客目線の発想が求められている

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する