広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表

アクティベーション・プランニング種目 合計6社に贈賞

第70回広告電通賞(同賞審議会主催)の贈賞式が、7月3日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで行われ、関係者ら約1000人が出席。アクティベーション・プランニング電通賞は、森永製菓の「ウイダーinゼリー(フレフレ部活。母校にinゼリー)」に贈られた。

今年、選考委員会にかけられた電通賞の全体の作品点数は1422点、最終選考に残った作品は415点。5月19~25日に東京で開かれた最終選考会において、予選通過作品の中から入賞作品が選出された後、5月26日の最終選考委員総会に諮られ、入賞全64点が決定された。

アクティベーション・プランニング種目は、ブランド部門、セールス部門、インバウンド部門の3部門から構成されるが、贈賞式では、アクティベーション・プランニング電通賞1点、最優秀賞2点、優秀賞3点が贈賞された。

広告電通賞は1947年12月に創設され、今年70周年を迎える日本で最も歴史ある総合広告賞だが、この70周年を機に、今年から各種目共通で集約された3つの評価視点が設けられた。「ターゲットのこころを動かす力があるか」「広告主の戦略が伝わるか」「チャレンジが感じられるか」の3項目である。

さらに、アクティベーション・プランニング種目の独自の評価項目として、(1)ターゲットをアクティベート(行動)させる仕組みがあるか(2)課題解決に向けてのプランニングが適切であったか(3)広告主が狙ったRESULTに到達しているかを設けている。

昨今は、広告活動にも、単に気持ちの変化(態度変容)だけでなく、さらに何かを始動させる「アクティベーション」が期待されている。このような変化を受け、機能別の垣根は不要との声や、プロモーションを個別に捉えて固有に評価することが実態にそぐわない、広告とプロモーションの壁はすでに消滅しているなどの意見も聞かれる。

だが、同賞では、ただ言葉やイメージではなく、当種目の独自評価として、(1)行動させる「仕掛け」の精度をチェックし、(2)かつ、プロモーション固有の「プランニング・プロセス」に拘りその立案過程を点検し、(3)そして「END RESULT」をしっかり審査することで、プロモーションの果たすべき「固有の働き」を正しく評価している。

かつては広告界において絶対的な立場を築いていたテレビ広告も、今日では、テレビCMでだけでは成立しにくくなった。そこで、デジタル展開を介して話題づくりを図り、再びテレビ広告に戻す手法が、言わば定石になっている。同様に、テレビCMをイベント展開で話題拡散し、テレビ広告に戻す手法も少なくない ...

あと21%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表(この記事です)
屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設
共感の時代こそ、選ばれることに価値がある―「第56回JAA広告賞」
NHKのネット同時配信めぐり波紋
新聞業界ニュースダイジェスト!
分散型動画メディアと中国市場─ Advertising Week Asiaに参加して
第3回JACEイベントアワード 受賞作品から見えるもの
「基本」は、大丈夫か? プロモーション企画力
デジタルサイネージアワード2017から見る優れたサイネージ表現
取材・編集支援のAI技術 開発進む
テレビ各社のネット配信に動き
100人の消費者が審査するJAA広告賞 募集開始ほか(6月の広告界ニュースダイジェスト)
日本プロモーショナル・マーケティング学会、10年間で127点の研究助成
「島ぜーんぶでおーきな祭」参加で考える、沖縄のエンターテインメント
「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」のスポーツイベントとしての意義

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する