広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設

媒体主と広告会社のスムーズな取引をサポート

2017年6月1日、屋外広告市場の更なる発展を目指して「屋外広告相場情報システム・JAODAQ(ジャオダック)」がローンチされた。JAODAQとはJapan Advertising of Out Door Automated Quotationsの略で、媒体主(レップ含む)と広告会社の間を取り持ち、双方のスムーズな取引をサポートするためにネット上に開設されたクラウド型ネット取引市場だ。

運営会社は「スマートコムラボラトリーズ」という広告会社や商社、メーカー、プロモーション会社ら6社による異業種共同体の会社になる。証券市場のひとつと類似した名前だが、小麦などを扱う現物取引市場に近いものだとのこと。会員制で取引ができるのは媒体主と広告会社だけで、広告主が直接買うことはできない仕組みだ(図1)

図1:JAODAQのしくみと売買の流れ。基準広告料金を提供するなど独自のメソッドもある。

媒体主は所有メディアの枠のうち、売りたい期間売りたい分だけ上場し、実績に応じて価格が形成されそれを広告会社が購入するという流れだ。扱う広告商品は、屋外の大型ボードや大型ビジョン、室内のポスターやフラッグ、電飾看板、各種デジタルサイネージなどになる。

媒体主は、媒体の接触可能人数の提出が条件となり、その精度で1部上場から3部上場までランク付けされる。1部はリアルタイムで実測できる媒体、2部は調査会社などで年1回でも測定した媒体、3部は周辺のデータを参照して推定する媒体だ。ユニークなのは、運営会社がその接触可能人数やメディアの面積・機能といった要素を基に、独自のビッグデータ解析で編み出したアルゴリズムによる「屋外広告基準広告料金」を出すことができる点 ...

あと45%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表
屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設(この記事です)
共感の時代こそ、選ばれることに価値がある―「第56回JAA広告賞」
NHKのネット同時配信めぐり波紋
新聞業界ニュースダイジェスト!
分散型動画メディアと中国市場─ Advertising Week Asiaに参加して
第3回JACEイベントアワード 受賞作品から見えるもの
「基本」は、大丈夫か? プロモーション企画力
デジタルサイネージアワード2017から見る優れたサイネージ表現
取材・編集支援のAI技術 開発進む
テレビ各社のネット配信に動き
100人の消費者が審査するJAA広告賞 募集開始ほか(6月の広告界ニュースダイジェスト)
日本プロモーショナル・マーケティング学会、10年間で127点の研究助成
「島ぜーんぶでおーきな祭」参加で考える、沖縄のエンターテインメント
「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」のスポーツイベントとしての意義

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する