広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

NHKのネット同時配信めぐり波紋

同時配信のみからも受信料

NHKのテレビ番組のインターネット常時同時配信をめぐる動きが波紋を広げている。NHKは2019年の本格実施に向け「本来業務」とすることを表明。一方、民放はキー局を中心に慎重姿勢を示し、反発している。

インターネット同時配信が実現した場合の受信料のあり方等を検討する「NHK受信料制度検討委員会」は6月27日、答申案概要「常時同時配信の負担のあり方について」を公表し、意見募集を実施した。

答申案は、常時同時配信について「必要であり妥当」と指摘。その上で、現在テレビを持たずネット同時配信のみを受信する世帯についても、受信料の負担を求めることが可能との見解を示した。費用負担はインフラ環境の整備や国民的な合意形成の環境が整うことを前提に、「受信料型」を目指すことに合理性があるとした。

ただ、制度検討に時間がかかる予想のため、当面の暫定措置として、「有料対価型」や一定期間は費用負担を求めない運用も考えられると言及。さらに、「受信料型」の場合、PCやスマホの所持だけでは費用負担は求めず、常時同時配信を利用するための手続きなどで行った場合に、費用負担の対象とすることが適当としている。また、地域放送の配信も求められ、その際には民放へも十分配慮することが望ましいとした ...

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

第70回「広告電通賞」贈賞式 ロングセラーの表現が評価ほか―7月の広告界ニュースダイジェスト
5G普及でVR時代が来る―MWC上海から
アスタナ国際博覧会から見えてきたこと
アクティべーション・プランニング電通賞、贈賞作品の発表
屋外広告初の現物取引市場「JAODAQ」が開設
共感の時代こそ、選ばれることに価値がある―「第56回JAA広告賞」
NHKのネット同時配信めぐり波紋(この記事です)
新聞業界ニュースダイジェスト!
分散型動画メディアと中国市場─ Advertising Week Asiaに参加して
第3回JACEイベントアワード 受賞作品から見えるもの
「基本」は、大丈夫か? プロモーション企画力
デジタルサイネージアワード2017から見る優れたサイネージ表現
取材・編集支援のAI技術 開発進む
テレビ各社のネット配信に動き
100人の消費者が審査するJAA広告賞 募集開始ほか(6月の広告界ニュースダイジェスト)
日本プロモーショナル・マーケティング学会、10年間で127点の研究助成
「島ぜーんぶでおーきな祭」参加で考える、沖縄のエンターテインメント
「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」のスポーツイベントとしての意義

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する