広告マーケティングの専門メディア

世界の秀逸プロモーションに見る 人の心を動かす「100のインサイト」

買いたい気持ちを喚起するのは、「言葉」よりも「空気」

コパ・コーポレーション 実演販売士 レジェンド松下氏

コパ・コーポレーション 取締役 実演販売士
レジェンド松下(れじぇんど・まつした)

法政大学経済学部卒業後、実演販売士の和田守弘に弟子入り。紹介した商品は「テレビショッピングで1日に1億8000万円販売」「東急ハンズの100万点以上ある商品の中で売上1位」「楽天通販サイト売上総合1位」などの実績を持つ。

実演販売士は、売りたい商品を"口八丁手八丁"で売ろうとしていると思われがちなのですが(笑)、事前準備の段階でほぼ勝負は決まっていると言っても過言ではありません。お客さまの前に立ってアドリブでお話しすることはなく、商品の開発背景やコンセプトといった上流過程も理解した上で、お話しする内容を予め決めています。商品のことを知り尽くして、無駄な要素を削ぎ落としていき、最も伝えたい部分だけをピックアップして伝える。このアプローチは、広告と似たところがあるのではと思います。

広告との大きな違いの一つに、「絶対」という断定的かつ主観的な表現を使うかどうかがあると思います。もちろん乱用は禁物ですし、製品の機能・性能表示の虚偽・誇張につながるような表現はできません。しかし、例えば「こんなお悩みを持っている方は、絶対に買ったほうがいいです」のように、ここぞというポイントを決めて「絶対」という主観、個人の感想を織り込むのは、僕らの話法の特徴の一つです。

「絶対」と言いたいポイントを見極めるためにも、商品をとにかく使い込みます ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界の秀逸プロモーションに見る 人の心を動かす「100のインサイト」の記事一覧

世界の秀逸プロモーションに見る 人の心を動かす「100のインサイト」の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する