広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

複数のSNSを使いこなす コンテンツ発信力も魅力

玉城ティナ×中尾孝年

江崎グリコ「アイスの実、江口愛実登場」や「ポッキー、デビルニノ」を手掛けたクリエーティブディレクターの中尾孝年氏と、ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルを始め、映画にも多数出演される玉城ティナさん。デジタル時代における二人の広告の仕事に対する考えを聞きます。

玉城ティナ(たましろ・てぃな)
1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。中学校の帰りにスカウトされ14歳で講談社「ViVi」の最年少専属モデルとなる。2014年に、ドラマのヒロイン役で女優デビュー。2015年にSABU監督「天の茶助」でスクリーンデビューを果たす。映画「貞子VS伽椰子」「暗黒女子」「PとJK」やCM「資生堂 マジョリカマジョルカ」「グリコ ドロリッチ」、RADWIMPSのMV「光」など次々と話題作に出演。NHK ETV「シャキーン!」レギュラー出演中。Instagram:tinapouty

ヘアメイク/足立真利子 スタイリスト/コギソマナ(io) Photo/杉能信介

足立:中尾さんは大阪から東京に籍を移されて半年とのことですが、東京にいらっしゃるまでの生活や仕事についてお伺いできますか。

中尾:そうですね、今はタレントさんを巻き込みながら話題をつくるクリエーターだと思われがちなのですが、東京に来る前は関西で9年、その前は中部に8年いて、ローカルの仕事を多くやっていました。予算も少なく、タレントさんをキャスティングできない企画が多かった。そのため自分の言葉で勝負してきました。

中部で経験を積むうち、東京へ転勤の話もあったのですが、関西のクリエーティブに興味があったので、希望して異動しました。独特な文化の中でクリエーターが個性の塊のように働く現場でしたね。

足立:そうでしたか。どうして東京へ?

中尾:「オンリーワン」になるには、地域の広告業界で頑張るのはすごく良いことだと思うのですが、「ナンバーワン」になるには、東京のほうが良いかなと。

足立:実際に東京に来ていかがですか。

中尾:人と人が繋がりやすいなと。僕の友だちがまた違う人と友だちだったりする。輪が広がるのが速いですね。あとは地域にも優秀な人はたくさんいますが、やはり東京には才能のある人が多く集まっていますよね。

足立:密度が高いですよね。

中尾:そうなんですよ。密度が高いからこそ繋がるスピードも速い。ネットの影響もあって、企画実現までの時間も、情報やエンタテインメントが消費されるまでの時間も圧倒的に短い。今、何かを仕掛けながらも常に次の企画の準備に動き始めないといけませんし、だからこそ化学反応が次々と起きているのを感じています。

足立:中尾さんはタレントさんの起用や、巻き込み方がうまいと思うのですが、起用の際に心がけていることは?

中尾:その人の持っている魅力を突き詰めるのは最も難しいのですが、一度その人の持つ魅力を究極まで考えて表現を思い描いてから、もっとすごい魅力を出すにはどうしたら良いのかなと考えるのが僕の手法ですね ...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

複数のSNSを使いこなす コンテンツ発信力も魅力(この記事です)
安心感と力強さを兼ね備え 年を重ねるごとに増す魅力に迫る
高い演技力が話題の川栄李奈、コンプレックスだった「無個性」が個性に!?
「想定外を生める女優になりたい」多彩な引き出しを持つ伊勢佳世

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する