広告マーケティングの専門メディア

マーケターのための事業構想

周りが成功していない今がチャンス 外国人に響くプロモーション

M-Cross International

訪日外国人旅行者の誘客に注力する地域・企業が増える中、プロモーションに課題を抱えるケースが少なくない。今回はアメリカからの外国人顧客を誘客するプロモーションの秘訣を聞いた。

アメリカ人に大きな影響を与える旅行情報サイト「CNN Travel」
出展:http://travel.cnn.com/japan/

海外でつくられた日本語のWebサイトを見て、違和感を覚えたことはないだろうか。見たこともない日本語のフォントに、英語を無理やり日本語に訳した、不自然な文章。ほしい情報がどこにあるかよくわからず、写真も古臭いなど、「海外のサイトは使えない」と感じ、サイトを閉じてしまう。実はその逆の現象を、多くのアメリカ人観光客が体験している。

アメリカからの観光客誘客の場合、ツアーではなく"旅行を自分で好きに組み立てたい"と考える方が多く、また観光の目的・タイプもさまざまだ。つまり、自分でインターネットを使って調べることが多く、サイトでの情報発信の重要度が高い。しかしながら、英語のサイトのほとんどが、アメリカ人視点ではなく日本人目線でつくられたもののため、そもそも必要とする情報が載っていないことや、日本人のデザイナーがつくっていたりするため、"アメリカ人が実際に使える情報"になっていない ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マーケターのための事業構想 の記事一覧

周りが成功していない今がチャンス 外国人に響くプロモーション(この記事です)
ブランドバッグのシェアリングサービス「LAXUS」、女性の「本音」をつかみ急成長
伝統産業が米国へ進出するポイント 現地ネットワーク・ノウハウがカギ
隠れた地域資源を再評価、長野県飯田市の「オニグルミ・ブランディング事業」
「価格破壊」で電子カルテに参入
ブランディングの力で工芸を再生

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する