広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

マーケティング、そしてビジネスの実務に ブランドのインサイトをどう生かすか

関西大学 商学部 教授 陶山計介氏

よくわかる現代マーケティング
● 編著者/陶山計介、鈴木雄也、後藤こず恵
● 発行所/ミネルヴァ書房
● 価格/2200円(税抜)

編著者の一人である関西大学の陶山計介教授は、本書を「大学・短大の新入生や、ビジネスマンの初学者を対象にした『ブランド・マーケティング』の入門書」と位置づける。

企業にとって究極の目標、競争手段の一つ、人間社会の規範やドライビングフォースの一つとして期待が高まっているブランド。そのインサイトを、マーケティングやビジネスの理論や実務にいかに活かしていくのか、ブランド・マーケティングをどうすれば多くの人に理解・共感してもらえるかを考えていく中で、一般社団法人ブランド戦略研究所の出版企画の一つとして本書が生まれたという。

「先般、シアトルへ流通の視察に行った際、Amazonが高級スーパーのWhole Foods Marketを137億ドルで買収したというニュースが飛び込みました。わが国でも2014年にサントリーが米蒸留酒最大手ビーム社を総額160億ドルで買収したことは記憶に新しいところです。企業のM&Aが活発化した1980年代以降、ブランドの資産的価値が注目されるようになりました ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

マーケティング、そしてビジネスの実務に ブランドのインサイトをどう生かすか(この記事です)
最新技術とそれによって得られる情報を、いかに顧客創造・顧客満足につなげるか
「優れたモノづくり」だけでは生き残れない時代、技術者にも顧客目線の発想が求められている

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する