広告マーケティングの専門メディア

REPORT

IPG内のアドテク専門部隊、キャドレオンに新トップが就任

米国では主流のプログラマティック広告取引。IPG メディアブランズ内の組織で、このプログラマティックに特化したキャドレオンの日本のオフィスのトップに就任した伊東裕揮氏に今後の日本のデジタル広告の市場展望、動向を聞いた。

プログラマティック取引 日本での浸透はこれから

グローバルに展開する広告グループのインターパブリック・グループ内でメディアエージェンシーの機能を担うIPG メディアブランズ。その日本支社であるIPG メディアブランズジャパンは、同社の中でプログラマティック技術のソリューション構築を担うキャドレオン ジャパン(Cadreon Japan)のマネージング・ディレクターに4月3日付で、伊東裕揮氏が就任した旨、発表を行った。

伊東氏はこれまでネットイヤー、オラクル、ワンダーマン、グーグル、アドロールなどでマーケティング、特にデジタル領域の事業に携わってきた経験を持つ。プログラマティック技術に特化した、同社の戦略と日本市場での展望を聞いた。

―キャドレオンとは、どのような組織なのか。

インターパブリック・グループ内でメディアエージェンシー機能を担うIPGメディアブランズには、様々な専門部隊があり、キャドレオンもそのひとつ。アドテク、プログラマティック領域に特化した部隊として、主にディスプレイとソーシャル領域の広告運用とソリューション開発を担っている ...

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

ヘルスケア特化の広告会社、CDMが日本に進出
IPG内のアドテク専門部隊、キャドレオンに新トップが就任(この記事です)
<レポート>仕事と自分のトランスフォーメーションを考える2日間:アドタイ・デイズ2017
第5回「全広連日本宣伝賞」で松下賞を受賞 江崎グリコのトップが語る、広告の本質的な役割

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する