広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

高級ブランドも実施するOOHメディア

吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

GINZA SIX開業で銀座駅もラグジュアリー空間に

2017年4月20日、大規模複合施設「GINZA SIX(銀座シックス)」がオープンした。商業施設面積は約4万7000㎡で東京銀座エリア最大。241もの多彩なブランドが集結し、ワールドクラスクオリティの商業空間を実現している。

特に、中央通りに面した全長(間口)約115mには、世界を代表する6つのラグジュアリーブランドが2~5層の大型メゾネット店舗を構えているのが特徴だ。中でも、クリスチャン・ディオールは「ハウス オブ ディオール ギンザ」とする旗艦店が地下1階から4階まであり「世界最大級」とのこと。注目したのは4月17日から2週間、そのOOH広告が東京メトロ銀座駅に出ていたことだ。

B0サイズ4枚と8枚分の大型ボードも実施していたが、存在感を出していたのが4丁目エリアの臨時柱巻広告だ。ユニークな6角形の柱と円形の柱合計20本を連続的にラッピングしての展開は空間ジャックと思えるくらい印象的だ。モノトーン調で様々なポーズをとったモデルの姿が美しく、銀座駅もラグジュアリー空間に見えてしまった(写真1)。柱は、駅の改札からGINZA SIXに向かうA3出口にかけての動線上にあり、誘導効果もあったに違いない。

写真1 GINZA SIXにオープンしたディオールの柱巻広告。

GINZA SIXで展開するブランドの世界観をOOHで演出

変わって5月1日からは、同じくGINZA SIXに新旗艦店をオープンしたフェンディが、やはり柱巻き広告を実施していた(写真2) ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

日本プロモーショナル・マーケティング学会、10年間で127点の研究助成
「島ぜーんぶでおーきな祭」参加で考える、沖縄のエンターテインメント
「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」のスポーツイベントとしての意義
高級ブランドも実施するOOHメディア(この記事です)
「実践型」で防災の実効性高める
5月の広告界ニュースダイジェスト:「ジャパンブランド調査2017」結果発表、全国広報コンクール結果発表ほか
5月の広告界ニュースダイジェスト:TCC賞発表、日本マーケティング大賞発表ほか
ラジオCMのオンライン運用開始
4月の広告界ニュースダイジェスト(2)「SCC賞」 結果発表、カンヌライオンズ2017の審査員決定ほか
ローカル局の就活支援事業の取り組みを追う
感動を呼んだ駅のサイネージ展開
社員研修に新聞を!広がるNIB(Newspaper in Business)
SXSW2017 開催 ─フェイクニュースのセッションから─
日本における「イベント」の今
小売り業への販促提案は「売り場顧客」を増やす視点が必要
4月の広告界ニュースダイジェスト(1)アドフェスト結果発表、岸勇希氏 新会社設立ほか
バルセロナMWC2017で盛り上がった人工知能ビジネス最前線
コミュニティイベントに見るイベントのSNS化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する