広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

ラジオCMのオンライン運用開始

明石庸司

2014年からの検討が実現 運用開始の経緯とシステム

ラジオCMのオンライン運用が4月から開始された。新たに構築されたオンライン送稿システムにより確実なCM運行が実現するとともに、物理的な素材搬入がなくなることで、時間短縮や効率的な運用の実現が期待される。ただ、当面の間は従来のMOディスクによる素材搬入も並行して運用される。

従来のCM素材搬入メディアである3.5インチMOディスクは来年3月に販売が中止される。また、MO機器のメーカーサポートは既に終了していることから、代替手段の検討が急がれていた。

日本民間放送連盟(民放連)のラジオ委員会は2014年からオンライン運用の開始に向けた検討を開始。2014年9月からは日本広告業協会(業協)のラジオ小委員会と連携して検討を重ねてきた。

オンライン運用の開始に伴い、民放連と業協は昨年4月にはCM運行表での指示系統用語を中心に用語の統一を図ったほか、今年3月には「ラジオCM素材搬入基準」を改訂、4月1日から適用した。

同搬入基準は、ラジオCMの搬入手段として、オンライン送稿システムとMOディスクを併記。搬入可能なCM素材の音声ファイルは、BWF-Jファイルフォーマット形式にCM固有の情報を付加したBWF-J(CM拡張仕様版)のみとすることなどを定めている。CM素材の搬入締切日は、放送日の4日目(中3営業日。年末年始、GWなどは別に定める)としており、これまでと変更ない。

オンライン運用の開始に伴い、ラジオCMでも素材識別のために共通コード(10桁CMコード)の運用を新たに開始した ...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

日本プロモーショナル・マーケティング学会、10年間で127点の研究助成
「島ぜーんぶでおーきな祭」参加で考える、沖縄のエンターテインメント
「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」のスポーツイベントとしての意義
高級ブランドも実施するOOHメディア
「実践型」で防災の実効性高める
5月の広告界ニュースダイジェスト:「ジャパンブランド調査2017」結果発表、全国広報コンクール結果発表ほか
5月の広告界ニュースダイジェスト:TCC賞発表、日本マーケティング大賞発表ほか
ラジオCMのオンライン運用開始(この記事です)
4月の広告界ニュースダイジェスト(2)「SCC賞」 結果発表、カンヌライオンズ2017の審査員決定ほか
ローカル局の就活支援事業の取り組みを追う
感動を呼んだ駅のサイネージ展開
社員研修に新聞を!広がるNIB(Newspaper in Business)
SXSW2017 開催 ─フェイクニュースのセッションから─
日本における「イベント」の今
小売り業への販促提案は「売り場顧客」を増やす視点が必要
4月の広告界ニュースダイジェスト(1)アドフェスト結果発表、岸勇希氏 新会社設立ほか
バルセロナMWC2017で盛り上がった人工知能ビジネス最前線
コミュニティイベントに見るイベントのSNS化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する