広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

アドフェスト2017に、アジアの秀逸広告が集結!

アジア最大級の広告祭「ADFEST(アジア太平洋広告祭)2017」が3月22日~25日、タイ・パタヤで開催された。20周年を迎えた今年、日本勢は4部門で最高賞のグランデを獲得する健闘を見せた。ここでは、プロモ、ブランデッドコンテンツ&エンターテインメント、ダイレクト、デザイン、インタラクティブの5部門の優秀作に注目する。

01 プロモ部門 グランデ
ラジオの"デッドスペース"を活用し、若年層の心をつかむ

ネスレ ネスカフェ「The Dead Hour by Nescafe」

今年で20周年を迎え、72都市から1342人が参加したアドフェスト。「20 Years of Diversity(多様性の20年)」をテーマに掲げ、ブランデッド・コンテンツ&エンターテインメント、デザイン、ダイレクト、エフェクティブ、フィルムクラフト、フィルム、イノーバ、インテグレーテッド、インタラクティブ、ロータスルーツ、メディア、モバイル、アウトドア、プレス、プリントクラフト、プロモ、ラジオ、ニューディレクターの全18部門に対し、計3011作品が集まった。

まずは、プロモ部門に注目したい。エントリー作品248点から、グランデ1点、ゴールド6点、シルバー15点、ブロンズ11点の計33点が受賞した。

最高賞のグランデに輝いたのは、ネスレのコーヒーブランド・ネスカフェ。同ブランドがかねてから展開しているキャンペーン「#StayStartStarted」の一環として、インドの伝統的メディアのひとつであるラジオを活用し、若者層をターゲットとしたブランドプロモーションを展開した。

まだ寝ている人も多い早朝の時間帯、RJ Rishiがパーソナリティを務めるラジオ番組があった。あまりにも早い時間なので、聴いているリスナーも、電話をかけてくるリスナーもいない。つまり「Dead hour」なのだ。

ネスカフェと、担当エージェンシーのMcCann Worldgroup Indiaは、この番組に新たな価値を与えた。「誰も聴いていない」ということは、若者たちが胸に秘めている思いや、職場や学校で日々感じている不満を正直に打ち明ける、あるいはぶちまけるのに最適な場なのでは?と。

番組では、彼らの強い怒りや叫びをそのままオンエア。これがターゲット層の心を見事に掴み、番組への参加を促すことにつながった ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

アドフェスト2017に、アジアの秀逸広告が集結!(この記事です)
サウス・バイ・サウスウェスト2017 編集部注目のスタートアップ5選
スーパーボウル2017 大手企業だけじゃない!スタートアップ企業も大健闘
国際広告賞の受賞候補?2016年ホリデー広告を振り返る
中小規模エージェンシーの秀逸事例に注目
スパイクスアジア2016 注目受賞作をピックアップ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する